忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
というわけでいまさらに読んで見まいた。失礼、噛みまみた。アニメの方も見てみたいとは思うのですが、この作品の魅力の全てといっても過言ではない圧倒的なあの会話量が果たしてちゃんと上手くアニメ化出来ているのかが疑問です。



で、化物語。西尾氏自らが言うように100%趣味で描かれた小説とのことで、その内容(と値段)の割に正直中身が薄いのは否定出来ません。ストーリーと世界観的には京極夏彦氏の百鬼夜行シリーズに非常に酷似しているのですが、内容は軽く薄く、文章の殆どは主人公とヒロイン達の面白可笑しい漫才集で構築されています。

私が予想していたのとは大きく違う趣旨の小説だったわけですが、会話・・・というか言葉遊びが中々楽しくて、ヒロイン達も魅力的で面白かったですね。このレベルの会話をコンスタントに生み出せるのは凄い才能だと思います。化物語以降もいずれ読んでみようとは思っているので劣化していないことを祈るばかりですw


お気に入りのキャラは言わずもがなガハラさん。家族計画の青葉姉さんをさらに尖らせたような性格で大好物だわ。他にも神原や八九寺も面白いキャラでしたね。神原は元気系エロ後輩?今まであったようでこのキャラは無かった気がするな。八九寺はクラナドの風子っぽいイメージですかね、八九寺のが頭良いですけど。羽川や撫子は可もなく不可もなく。

あとは主人公のアララギさん。彼は基本的にツッコミ担当の朴念仁ですが、中々鋭くエスプリの効いた突っ込みが出来る優秀な主人公でした。Fateの士郎みたいに基本的に博愛主義で無作為に人を助けようとする精神の持ち主。それが原因でハーレム化というのがラノベではよくある展開ですが、アララギさんは、ガハラさんにきちんと心を決めているのが好印象ですね。


各自のストーリーは多少ミステリ要素というかアララギさんや読者のミスリードが含まれてて楽しめないこともないのですが、如何せん薄すぎるのがネック。個人的には第1話のひたぎクラブが一番面白かったですかね。下巻は話の展開も会話劇もいまいちパッとしなかった気がする。


不満点を挙げるならば、独特の言い回しが非常にクドいこと。けれど。それでも。それゆえ。みたいな表現とか体言止めも多い感じ。それでいて一冊の本の中に寡聞にして知らないという言い回しが何度も出てきたり、カッコつけてる割に語彙が少ない感じで少し滑稽に感じた部分もあります。このあたりは好み次第ですが、個人的には少し目についたかな。

あと細かいこと言うとアララギさんがヒロイン達との会話を楽しいって表現してるのが気になりました。読者からしたら面白い会話を読むのが目的ですし、楽しいって表現は間違ってないんですけど、アララギさんはあくまで物語の語り部であって、ヒロイン達に振り回される日常を送っている訳ですからそれを本人に楽しいって言われちゃうと少し気持ちが萎えるんですよね。端的に言うと作者からほらこの会話楽しいでしょ?って言われている気がするのですね。さらに言うと撫子との会話はあまり楽しくない(他と比べると)みたいなことをアララギさんにモノローグで言わせてるのも気に入らない。アララギさんってそんな打算的なキャラじゃないでしょうよ。読者の気持ちを代弁する必要なんてないのよ。


ストーリー上の不満点としては、化物語は上・下巻で忍野が町を去り、物語が一段落するわけですが、作中で何度も話に出していた忍との馴れ初めや、羽川の話が結局語られずに終ってしまったことがありますね。その後、傷物語や猫物語などで詳細が語られているのでしょうが、化物語としてきちんと完結して欲しかったな、と思います。アララギさんの異常なまでの自己犠牲精神の根源も全く語られていないので、正直主人公に対する感情移入はし辛いです。化物語最終話のつばさキャットも結局羽川は自分でアララギさんへの気持ちを伝えることが出来なかったわけですし、少し消化不良だったのはあります。


というわけで、化物語に関しては会話劇は非常に面白く、ストーリーも魅力的であるものの、少し内容が薄いかなという印象でした。今後の刊行を考えて敢えて伏線を多く残したのかも知れませんが、それが不満点です。


続刊も読んでみたいとは思うのですが、傷物語や猫物語は恐らく化物語の前日譚であるので、ガハラさんや神原、八九寺らとの会話劇が楽しめなさそうなのが、モチベーション下がるんですよね・・・w

拍手

PR
≪  214  213  212  211  210  209  208  207  206  205  204  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  214  213  212  211  210  209  208  207  206  205  204  ≫
HOME
Calender
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Latest Comment
[04/04 無題]
[03/13 NONAME]
[03/13 NONAME]
[02/11 NONAME]
[01/11 DebbiWect]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]