忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
はい、ということでいつぶりかわからないレベルの旅行記です。

東方縁の地とかはちょこちょこと回ったりもしているのですが、
いざ記事としてまとめようとなると中々骨が折れることもあって、
放置プレイが多かったのです(言い訳)
そして東方というか秘封倶楽部縁の地っていうね。


今回は7年に一度の御開帳ということで話題になっていた善光寺に行ってきました。
気づいたのが終了一日前ということで中々の突貫旅行でした。




   

これが目的のブツ。俗に「地震柱」とも言われていました。
ZUN氏CD「伊弉諾物質」テキストにて、
退院したメリーを連れて蓮子が訪れた善光寺。
この柱の前で二人は語っていたわけですなあ。
テキストでも指摘されていましたが、1847年5月8日(今調べた)に起った
「善光寺地震」によってこの柱がズレてしまったという言い伝えがありました。

しかし現代の研究によるとこれは経年変化を予測して向拝(本堂の入り口)に
支障をきたさないよう左右の柱が互いに外側に回転するように計算して作られた
ものであることがわかったそうです。正に匠の技術ですね。

昔からの言い伝えが現代の研究で暴かれる。地震柱は幻想入りしたわけですな。





 
   
本堂内は撮影禁止のため、代わりにお土産やの浄玻璃の鏡。
本堂の左側には閻魔像があります。
ここでもメリーと蓮子は閻魔像を見て酔っぱらいの顔っぽいとか
言いながら語り合っていたわけです。


他にも聖徳太子碑とかあったりで、東方ファン的には中々見どころが豊富な善光寺。
また、ここの戒壇巡り(暗闇の中を手探りで進むアレ)は全国でも特に有名で、
Zunさんも子供の頃に行った頃があるそうな。

前立本尊の真下にある極楽の錠前に触れると極楽浄土行きが約束されるという、戒壇巡り。
手探りなので正確な形はわからないのですが
錠前と聞いて想像する南京錠的なものとは全く違う形だったのが印象的です。
こういうのを言っちゃうとバチが当たるのかもしれませんが、
スコップの持ち手部分を縦にしたようなそんな感じだったかしら?




その後はせきざわという蕎麦屋さんで食事をして帰路につきました。
撮影禁止の店なのですが、かもやきがめっちゃ美味いので機会がありましたら是非。


拍手

PR
ようやくいけました京都巡り。
東方の元ネタ関連をメインに色々回っています。
詳細は↓より。

IMG_2658.jpg
















また、今回京都巡りブログの方の影響を受けて
GoogleMapを使ったマイマップで、今回の旅行の軌跡をまとめてみました。
初めてこの機能使ったので雑な作りではありますが、
良かったら見てみて下さい。

東方名所紀行 京都編マップ2012/8/12~13











 

拍手

というわけでいまさら初詣に行って参りました。
a85d9739.jpg











私用で東京に行く予定がありましたので、
急遽アザナエルの聖地・秋葉原の柳森神社へ。

ふつーは神田神社(半田神社)じゃねーのって?
細かいことはいいんですよ!

割と古ぼけた小さな神社でした。


09f14034.jpg












本殿。
神田神社と比べると寂しく、人も私達しかいませんでしたねー。


1.jpg











でもちゃんとおタヌキさんも祀られてましたよ。
ポン!
アザナエルではこちらがメインでしたね。



おわり。

拍手


7年に1度のお祭り!
ということで、いってきました諏訪信州御柱祭。

3年前(!)の上高地・諏訪旅行時から、
ずっと待ち続けていた待望の血沸き肉踊るお祭りですっ!>ヮ<

ということで詳細は以下。
001.jpg










拍手

今度は本当に東方風神録ゆかりの地を巡るため、
長野へ行ってきました。


詳細はこちら 

拍手

ずいぶん前なのですが、歌聖・西行法師終焉の地として有名な、
弘川寺に行ってきました。
東方妖々夢の元ネタにもなっています。b33ae1c6.jpeg












詳細はこちら

拍手

中秋の名月、ということで、伊豆・松崎へ、
お月見に行ってきました。

P9240189.jpg










詳細は雑記にて。

拍手

大阪旅行記2です。

前日の雪辱を晴らすため、
ネット喫茶にて眠れぬ夜を過ごした私。

テンションはガタ落ちでしたが、なんとか気合を入れて、
ネット喫茶を出ました。

P3240036.jpg
















ということで、まずは通天閣。
中々大阪らしい佇まいでしたね・・・。

・・・しかし開放が10時からということで、
午前9時にネット喫茶を出た私は、
1時間も待ちぼうけすることになってしまいました。

9時では流石にでんでんタウンの
お店も一切閉まっていましたので、
町並みを眺めながらぶらつくこと1時間。

ようやく開放の時間となりましたので、
直通エレベーターへ直行っ。




P3240038.jpg
















展望台には「ビリケンさま」という、
商売の神様がいました。
なんでも外国のデザイナーが作ったものだとか。

足をこちょこちょすることでご利益がいただけるとの事で、
これでもかっというほどくすぐってあげました。



P3240041.jpg















見ろ!人がゴミのようだ!

展望台から一枚。
肉眼だともうちょっと鮮明に見えてたんですが、
なんだか霧が掛かってよく判らないですね。





こんな感じで、通天閣を後にし、いざ、昨日の雪辱戦へ。
今度は、交通面もばっちり調べてあったため、
殆ど歩かずに辿り着くことが出来ました。



P3240043.jpg














大阪城天守閣へ向かう道から一枚。
こう見るとかなりスケールが大きい建物です。


P3240044.jpg










井戸。
まあ、全て当時のものではなく立て直したものですが、
中々風情がありました。



P3240053.jpg










ちなみに大阪城の中は、こんな感じで、
豊臣秀吉の歴史のドキュメンタリーや、
有名武将の武者鎧など、様々なものが展示されています。
(一部は撮影禁止ですが)


P3240057.jpg
















天守閣より一枚。
見ろ!人がゴ(ry

高さ的には通天閣の方が高かったのかな?
でも風を感じられたのが良かったですね。






P3240069.jpg
















最後に、大阪城を裏より一枚。

・・・こちらからだと現代風のエレベータが
備わっちゃってるのが見えて、風情のへったくれもありませんね。

しかし大阪城は外人さんの観光客が非常に多かったですね。
やはりサムライ・ゲイシャ・フジヤマ大好きなのでしょうか。



ということで、今回の旅はおしまいです。
ぶっちゃけ私の知識として、
大阪といったら大阪城・通天閣・道頓堀しか
知りませんでしたので、目的は全て達成したと言えますw

次に来る機会があったら、色々と下調べをしてから行きたいですね~。
 

拍手

かなり時間が経ってしまったのですが、
3月頃に大阪へ行ったときの旅行記です。

せっかく大阪に来たのだから、ということで、
大定番の大阪城へ行きました。
当初寄る予定は全く無かったので、辿り着くまでにかなり苦労しました。
土地勘が無いので、2駅ぐらい無駄に歩いてしまいました・・・。

P3230012.jpg











大阪城が見えた記念。既に夕焼けとなっています。
この時はまだ冬の季節でしたので、枯れ木ばかり。
今度は是非春に来てみたいものですねっ。




P3230020.jpg











いざ、大阪城天守閣へ!既に日は沈み・・・。
この橋から見る大阪城が一番荘厳な印象がありましたね~。個人的には。



しかしながら、時既に遅し、天守閣は夕方までしか開いておらず、
あえなく断念となってしまいました・・・。聞いてねえよっ!

この日は歩き疲れと空腹と精神的なショックで、
みすずちん、トリプルぴんちでした。かなりボロボロです。




そうそう、

P3230023.jpg









大阪城のふもとには猫広場がありましたよ。
この写真だけでも6~8匹ぐらいいますね~。
かなり人に慣れているらしく、近づいても逃げる様子がありませんでした。





ところ変わって

P3230025.jpg










今度は道頓堀。
悲しみの涙を剣に変えて、ヤケ食いです。





・・・とはいえ、手持ちもそんなにあるわけでもなく、
一人でかに食うわけにもいきませんので、




P3230028.jpg









たこ焼き3連発で、空腹を凌ぎましたっ!
写真のは「赤鬼」というところのたこ焼きだったかな?
ジュースのカップの上にたこ焼きがセットされていて、
片手で、ジュース+たこ焼きが持てるという画期的セット。


P3230033.jpg









対して、こちらはオーソドックスなたこ焼き。
店名は忘れてしまいましたが
、味としてはこちらの方が美味しかったですね。
たしか300円で結構安かった印象があります。
一個が大きいですし。





たこ焼き食べながら道頓堀を眺めていました。
と、目に入ったのが、

P3230035.jpg











道頓堀のドン・キホーテ。
ここには、観覧車が付いてるんですね~びっくりしましたっ。



と、こんなところで、この日の旅は終わり。
しかし、この時間からいざ帰郷って気分にもなれませんでしたし、
大阪城・天守閣へも行きそびれてしまいましたので、
思い切って、一泊することに大・決・定っ!


まあ、こんな時間からいきなり泊まるところも見つかりませんでしたので、
日本橋のでんでんタウンへ向かい、
24H営業のネット喫茶にて、一泊(?)することに。
ここなら、朝起きてすぐに通天閣を回れますしね。

いろいろと探し回る元気もお金も無かったので、
日本一安いらしい料金のナイトプランがある店を発見次第、
そこに決定。


・・・とりあえず失敗だったのは間違い無いと思います・・・。
MMOとかプレイするには十分だとは思いますが、
寝るにはかなり厳しい環境でした。。。
ネット喫茶で一泊も、やはり個室+ソファー席程度がないと、
つらかったですね。。。

私の隣に座っていたオジサンがこれまたうるさく、
ろくに眠れませんでした・・・。
ずーっとひたすら麻雀やってたみたいですが、
「あちゃーこれが当たるんかい」とか、
「こんなん(配牌)で、どうしろっちゅうねん」とか
いちいち独り言を呟くお方で、勘弁してもらいたかったですっ。

拍手

Kanon最終回記念に、聖地巡礼ということで、
有名な大阪・守口市駅にいってきましたっ!

・・・本当は仕事の出張先が守口市だっただけですが・・・。


P3230007.jpg

上記写真は・・・祐一とあゆが待ち合わせをしていた駅前のベンチ。
祐一が雪の中、3時間待ちぼうけを食らった場所。
名雪の好意を傷心の祐一が無碍にしてしまった場所です。
時間も限られていたため、中々人がいない写真が取れませんでした~。





とりあえず、件のベンチで、昼食を。
実は木製でなく、大理石(?)みたいな石材のベンチだったんですね。
雪の中じゃさらに冷たかっただろうに・・・。

本当はたい焼きを食べたかったんですが、近場に売っておらず断念。
うぐぅ~・・・。
しかたないので、たまごサンドをば。たまごサンド好きなんよ。
傍から見れば、ベンチで軽食を食べてるだけだったんですが、
何故か内心のテンションはマックスでしたっ・・・。




続いてこちらは、守口市駅ととなりのビルをつないでる橋です。
・・・そう、ここは真琴がピロを落としてしまった橋。
そして美汐と語りあった場所です。
この橋が祐一を真琴ルートへ誘ったともいえるでしょう。
勝手に「真琴大橋」と名づけました(ぉ




やべっ!もう1時間も過ぎてるっ・・・!
と祐一が、あゆとのデートの待ち合わせ時間を確認した時計塔。
1時間どころか針が存在しませんでしたが・・・。
私は打ち合わせの1時間前に何やってんだかって感じでしたがw

と、守口市駅周辺ではこんなところでしょうかね~。


これは本当にビックリして、
ネタだと思われても仕方ないかも知れませんが、
親子連れの母親が「ゆういち~っ!戻ってきなさいっ!」と
子供を叱ってました。そのゆういちくんは迷子気味だったようで、
知り合いか何かのオジサンに抱きかかえられて、
無事母親の元に帰ってきました。
流石聖地・・・まるで奇跡のバーゲンセールですっ!

あれが、知られざる祐一の母親か・・・。
つまりKanonの物語は199X年どころか未来の話だったんですね。
あのゆういちがこれからどれだけの女子を泣かせる事になるのか・・・
見ものですw
ちなみに隣には別の親子連れが。あれは秋子さんと名雪でしょうか。



というわけで、Kanon聖地巡礼でした。
また、機会があれば他の聖地もいってみたいもんですね~。
ひぐらしとかは普通に観光名所ですし、一度いきたいかも。。。

拍手

Calender
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Latest Comment
[05/21 スウェル]
[04/04 無題]
[03/13 NONAME]
[03/13 NONAME]
[02/11 NONAME]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]