忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
nitro+より、アザナエル以来の完全オリジナル作品、君と彼女と彼女の恋。です。

 いやはやUSBメモリーメディアにて発売ということで、どこも売り切ればかりで、かなり出遅れた感じです。なんとか通販でゲットできましたけどね。結局店舗で見かけたことは一度もなかったなあw しかし私的には箱が小さくて置き場に困らないのでこの形での販売は結構ウェルカムかもしれない。この販売形態が流行れば原価も安くなっていくんでしょうけど・・・なかなか難しいんでしょうね。




 さて、本作。大手メーカーの作品ですので、システム、グラフィック、BGMその辺りは高レベル。しかし内容が前代未聞というかエロゲー史に確実に名を残すであろう問題作でした。

 注意点として、本作に従来のエロゲーとしての面白さを求めている人は絶対に買ってはいけない。シナリオそのものに「そういう」楽しみがないわけではないが、フルプライスのゲームとしてはあまりにコストパフォーマンスが低いです。


 オススメというかプレイしてみて欲しい人としては、エロゲーに感情移入してプレイしている類の人。そしてそれなりに名作・駄作含め様々な作品に触れてきた人。そういう人には是非プレイして欲しいと思う作品です。

 逆に、エロゲー含め創作物に対して、第三者視点で傍観者としてしか楽しまない人。主人公はあくまで登場人物の一人であり感情移入しない人。この類の人にはオススメ出来ません。恐らく興ざめするだけで何も得るものはないだろうから。

 前者でも楽しめるとは限らないです。むしろ後者以上にふざけるなという感情を持つ可能性も高い。だけど賛否はあれど恐らく他のゲームでは絶対に味わえない感情を抱くことは必至です。フルスクリーンプレイ推奨。


 ちなみに私は、これ以上ないぐらい深く刺さりました。下倉バイオ氏やりやがったな、と。



総評:9点


 以下完全ネタバレです。出来れば事前情報一切無しでプレイして欲しい作品ですけどね。










 で、まあネタバレになってしまうので前述では触れませんでしたが、本作は多分にメタ要素を含んだ作品です。メタ作品に過剰な嫌悪感を抱く人って結構多いですし、ここでふるいにかけられてしまいますね。多分冷めた目で見てしまうんでしょうねえ。私はメタ要素含めて、エンタメとしての面白さに繋がっていると思う派です。



 とはいっても別にメタ的な要素を取り入れた作品として、斬新だったというわけじゃありません。Ever17やある意味究極のメタ作品でもあるRemember11臭作なんかも結構メインとして扱ってますよね。最近でもルートダブル古色など積極的に取り入れた作品も多いし、小ネタ程度なら無数の作品で扱われています。(一応伏字にしておきました)




 シナリオそのものを語ることにはあまり意味がないのですが、一応簡単にまとめると、主人公・心一は、才色兼備な幼馴染・美雪に想いを寄せつつもモブ中のモブである自分とは吊り合わないと考え、距離を置いている。そんな中、電波な少女アオイと出会い、美雪も巻き込んで三角関係になっていく。

 しかし、主人公は基本ヘタレなので、美雪と結ばれることは叶わず、アオイの電波に縋ってしまう。それは世界改変の電波であり美雪が誰にもネトラレないようにセカイを作り変える。世界改変とアオイの協力によって美雪と結ばれ、永遠の愛を誓う主人公。




 で、なんだか中身が薄っぺらいなあと思いながら次はアオイルートを攻略し始めるわけですよ、我々は。アオイルートはひたすら二択が続いて一つでも間違うと美雪と結ばれてしまう苦難の道です。しかしセーブ&ロードによってそれほど苦労することもなくアオイと結ばれるルートに到達します。
 
 アオイはギャルゲー界の概念的なヒロインのアバターであり、いろんなゲームでいろんなCGを回収することが役割でその役目を失ってしまっては存在出来ないというぶっ飛んだ設定であることが判明しますが、我らが主人公は浮気の事実にゲロ吐きながらも他の男と結ばれるアオイを受け入れ、真の意味でアオイと結ばれます。

 ここまでだったら、ゲーム中のゲームというメタフィクション程度でそれほど珍しい作品でも無かったと思います。アオイと主人公の関係も納得できるかはともかく理解は出来ますからね。




 しかしここからがこのゲームの本領。アオイとの情事をベッドの下で見ていた美雪はアオイを撲殺し、心一も撲殺します。そして語りかけるのは画面の向こうにいるプレイヤー。永遠の愛を誓ったはずのプレイヤー。アオイのスマートフォンを奪っていた彼女は拙いプログラミング技術を最大限に使って、世界を改変する。美雪と心一がいつまでも幸せに過ごせるセカイを構築する。


ここからずっと美雪ちゃんのターン。この先の展開はプレイヤーによって異なるのでまとめる事は出来ませんが、最終的に重大な決断を迫られることになります。こんな感じで一応文章でまとめましたけど、正直これはプレイした人にしか伝わらないものが確実にあるんですよねえ。こんなところで私が何を語ろうと何も伝わらないし、ネット上のネタバレだけ見ても、冷めた目で見るだけでしょうし。





 とはいうものの、やはり色々と思うものがあった作品ですので、以下、本作に対して感じたことを殴り書きしています。考察といえるような内容でもないのですが、お暇な方はお目汚しですがどうぞ。口調が違うのはちょっとそれっぽく語りたかったからで特に意味はありません。











 さて、本作は7月現時点で賛否両論の嵐に晒されている。どちらかと言えば、概ね「否」の評価が多いように感じられるが、ネットというメディアは往々にして負の声の方が大きくなるものであるので、本当のところの一般的評価が定まるのにはしばらく時が必要だろう。

 本作を否とする根拠として大多数を占めるのが、このゲームはギャルゲーを消化するだけのプレイヤーに説教していて、それが不快であるという意見だ。このように感じる人が多いのは仕方ないし、至極真っ当な感想だと思う。


 
 確かにプレイヤーに非があるかといったら首を傾げる部分はある。しかしサブヒロインだと言い続けたアオイを攻略するためにセーブ&ロードしたのは他ならぬプレイヤー自身なのだ。そうさせたのはこのゲームの構成でクリエイターの策略なのだが、美雪を攻略しただけでは満足しない、全ヒロインを攻略しないと気が済まないプレイヤーの姿がそこに浮き彫りにされる。




 ギャルゲーをプレイするとき、自分の気に入ったキャラしか攻略しないという人は極少数だろう。私的な考えだが、すべてのヒロインのシナリオを見ることはクリエイターに対しての礼儀・賛辞にもなると思うし、シナリオを進めてこそそのヒロインの魅力が見えてくるというのもまた事実である。

プレイヤーにとってはそれは当然の権利なわけで、今までもこれからも機械的に全ヒロインを攻略していく。ヒロインを裏切っているなどという感情は存在しない。以前別記事(リトバス)でも触れたが、主人公に選ばれなかったヒロインに対してどう折り合いをつけるか、というのはプレイヤーが目を背けている事実である。この問題を根本的に解決する方法などそもそもないのだ。


 
 そして、それなりにこの種のゲームをやってる人間はそんなことは百も承知だ。承知の上で色んなヒロインを取っ替え引っ替え攻略して、毎回処女と童貞同士でセックスをさせている。これをメタ的な視点で見ると、プレイヤーという存在は主人公の性格を捻じ曲げて自分の見たいヒロインのルートを攻略させている外道な人物である。まあ完全一本道なゲーム、小説に近い作品なら該当しないが、ここでは一般的なヒロイン選択制のゲームの話に限定する。


 有名作Fate/Stay nightの1ルートであるHeavensFeelは私はあまり好きではない。内容的には面白いし、名シーンもあって素晴らしいシナリオだとは思う。しかしあのシナリオはプレイヤーの選択によって、曲げてはならない士郎の自己犠牲・博愛精神を捻じ曲げ、それを桜に注いでいるシナリオだ。どんなに面白くとも主人公としてのアイデンティティを崩す前提である以上好きになれないのある。(これはFateがそうだという意味でなく、私がそう感じたというだけであるが)
 分かりやすい例でFateを出したが、細かい部分で言うならば、このことは殆どのゲームで言えることなのだ。主人公にその性格上本来選ばないであろう選択肢を強制しているのはプレイヤーである。
 
 全てのシナリオをプレイするために多少の捻じ曲げには目を瞑る、というのが暗黙の了解で、プレイヤーは無意識にそれを理解しているのだ。







 このゲームの趣旨はなんなのかというと、これを意識させたというだけの話。こういったギャルゲーの「暗黙の了解」を意識的に理解してる人は実は殆どいないのではないだろうか?この類のゲームをやり始めたばかりの頃は、色々なヒロインと結ばれる主人公を見て、都合のいいセカイだ、不自然だ!などと思うこともあったかもしれないが、数をこなしていくに連れその気持ちは麻痺しそれが当たり前になっていく。メーカー側も、様々な個性豊かなヒロインを用意して、すべてのヒロインのシナリオを楽しめるように作品を作っていく。


 そんなことはわかってんだよ、なんでゲームの中でそんなこと説教されなきゃならないんだよ、と憤る人の気持ちは最もだが、本当に今の今まで「不誠実」などと意識してた人はいるだろうか?


 所詮ただのゲームのキャラである。少なくないお金を払っているのだから全ヒロインを攻略することは当たり前だ。個別ルートはパラレルワールドだから、自分とは違う主人公だから、様々な理由付けが可能だが、そもそもプレイしている自分自身がゲームのキャラに対して不誠実などと本気で思っている人はいないだろう。それこそゲームと現実を混同してしまっている典型だ。

 ゲームのキャラに感情移入して、このキャラは可哀想だ、このシーンは感動したと思うことが多々あったとしてもそれはゲームの中の出来事なのだ。現実と同じような恋愛感情を持つことなどあり得ないし、それを理解した上で楽しんでいるのが我々プレイヤーなのだ。


 このゲームはそんなプレイヤーに問題提起をし、少しだけ考えさせるというのが目的だ。説教するつもりはない。何故なら美雪は最終的には誰も恨んでいないし、憎んでもいない。自分の行動が理不尽で、その憎しみの矛先が間違っていることもきちんと理解している。話の通じるヤンデレだ。そんな彼女を愛しいと思えるのか否かを問うだけのゲームに過ぎない。





 その美雪の心情の変遷については以下の通りだ。

 簡潔に言うと彼女は、幼馴染であるところの心一には目もくれず、画面の向こうのプレイヤーに恋焦がれ、狂気に及ぶ。ここで我々が思うのは、彼女の行動心理の矛盾だ。本来憎むべき相手であるプレイヤーに対して何故好意を抱き、心一を蔑ろにしてしまうのか。

 もう二度とプレイ出来ないので確認は出来ないが、結局最初は八つ当たりだったのだろうとは思う。プレイヤーのおかげで愛する心一と結ばれたにも関わらず、今度はプレイヤーのせいで、心一はアオイと結ばれることになる。そして撲殺・監禁、無限ループへと移行する。この時の彼女の行動原理は心一と永遠の愛を誓わせてくれたプレイヤーへの少しの好意と裏切りに対しての贖罪を求める心だ。



 対してプレイヤーの心理としては、選ばざるを得なかった選択肢で無限ループに追い込まれた理不尽さに対する怒りと絶望しかない。

 ここでプレイヤーは神様からのアドバイスを元に今後の傾向を決めることになる。もう一つの道がどういう結末を迎えるのかは分からないままだが、私は彼女のご機嫌を取り、油断を誘う方法を選んだ。そして彼女の好感度を上げていく。

 勘違いしてはならないのはこの一連の行為は心一の好感度ではなくプレイヤーの好感度を上げる行為であること。それは実は美雪がプレイヤーに恋していく過程でもある。心一の先、画面の向こうにいるプレイヤー。無限ループのセカイでは美雪はすべてを理解しているので一連の行為がプレイヤーの選択に寄るものであることを理解しているのである。



 そして彼女の恋心を決定的なものにしたのはロック解除のクイズだろう。あれがクリアに何回もかかったら結末がどうなったのかは知る由もないし、知ってはいけないのだが私は一回でクリアすることが出来た。彼女からすれば無限ループを強制して嫌われているはずのプレイヤーが自分のことを誰よりも理解してくれていることを理解した瞬間である。このことが心一というアバターを通したセックスではなく、プレイヤーとのセックスを求め、実現した彼女の行動に繋がっている。




 一方でプレイヤーの感情はどうか。基本的には無限ループを早く抜け出したい一心で行動していたわけだが、終盤で彼女が何故ここまでの行動に至ったかが明らかになる。
 
 アオイが行ったセカイ改変。美雪は誰にもネトラレない、心一と結ばれる。それは呪いでもあったのだった。主人公が美雪を選ばなかったセカイでは美雪は誰とも結ばれることなく絶対に幸せになることは出来ない呪い。そしてそのセカイ改変を望んだのは他ならぬプレイヤー自身なのである。


 
 もちろん中々美雪と結ばれることが出来ず、制作側が用意した選択肢しか選べなかった理不尽はある。しかし美雪はそのこと自体を恨んでいるわけではない。セカイを改変してまで選んだ自分を裏切ってアオイルートに行こうとしたプレイヤーを許せなかっただけなのだ。
 
 プレイヤーにはアオイルートにいかず美雪ルートだけで満足するという選択もあったのだ。そうすれば無限ループは発生しない。しかし無数の選択肢、2の何乗だかの確率をセーブ&ロードによって乗り越えて無理やりアオイルートに到達してしまったのだ。




 で、ここからは個人の感じ方になるだろうが、私はこの時点でいつの間にか美雪に参ってしまっていたのだ。それまでずっと早くループを抜けだしてアオイルートに戻らねばと息巻いていて、暗号を解いて、改変したコードを探し当て、アオイを復活させたにも関わらず、最後の最後で、文字通り死ぬほど悩んだ挙句、美雪を選んでしまった。その寸前までアオイを選ぼうと思っていたにも関わらず、だ。

 心一が言っていた通り、セーブデータを退避する、再インストールしてやりなおすことによってもう一つの結末を選ぶことは可能だ。だがそこまで言及されてしまったら私はやれない。バカみたいな話だがエロゲーマーの矜持としてそれだけはすまいと心に誓ったのだ。だからアオイを選んだ時の結末を私は知らないし、知ろうとは思わない。それがこのゲームを作ったNitro+と下倉バイオに対する最大の賛辞であると考えるからだ。





 正直恋愛ゲームとしてのシナリオならお粗末なものだと思う。ヒロインも属性だけでいうなら、電波で天然なヒロインが普通の女の子になっていく典型的なシナリオと、主人公を子供の頃から憎からず思っているヒロインが素直になるまでのこれまた典型的なシナリオだ。こんなシンプルな革新性もないような設定だけでは、ぶっちゃけ物足りないのだ。「君と彼女と彼女の恋。」というギミックを含めて初めて美雪やアオイというキャラクターは魅力的になる。

 

 私は結果的に美雪派になったわけで、今思えばループ脱出の時に既に堕ちていたのだが、最後の最後までアオイとの二者択一で迷った。過去君望の孝之をヘタレだの優柔不断だのと断じていたのがブーメランで返ってきたかのようだ。それは美雪と比べれば幾分弱い(と感じた)ものの、数々のセカイでヒロインのアバターとされていた過去と、本当に心一と心が繋がった一瞬があってそれだけがあれば良いのだと言えるアオイの健気さに心打たれた部分が少なからずあったからである。多分最終的に美雪を選んだ理由は彼女がプレイヤーそのものを見ていたという一点が強かったからなのだろう。


 





 このゲームが作られた意図を考えるなんていうのは野暮なことはわかっているが、あえて少し考えてみれば別に複雑なことではなかったと思う。前述した通り、一つ、こういうことを考えてみるのもいいんじゃないか、という問題提起に過ぎないのだ。

 
 私的には説教されている感覚はなく、ハッとさせられたり、成る程と頷かせられることが多かった。きっとこの先同じ類のゲームが作られることは少ないだろう。nitro+も従来のエロゲーに類した作品を作っていくはずだ。このゲームをプレイしたことによって別に何も変わらない。相変わらず私は創作物を消費し続けるし、ヒロインに対して不誠実だったなんて微塵も思うことはない。大体このゲーム自体、その生活を改めろ!なんて、旧エヴァみたいな余計なお世話なメッセージ性は含まれていない。

 
 本当に表現したかったのものは、プレイヤーに恋していくヒロインと、そのヒロインに対してプレイヤーが何を感じどう決断するのか、その一点だったのではないだろうか。




 それでも二度と同じゲームをプレイ出来ないこと。セーブ&ロードが出来ないこと。プレイヤーに対してヒロインが不誠実だと糾弾するセカイがあったこと。そんなゲームが存在したことと、そして多分、ゲーム遍歴の中でも最初で最後であろう、死ぬほど悩んで美雪を選んだ時の感覚を忘れることはないと思う。それほど心に残ったゲームであることは確かだった。もし何か変わることがあるとするなら、これまでよりもほんの少しだけ真剣にギャルゲーに取り組むようになるかもしれない。



 炊き込みご飯が得意で、グレープフルーツが嫌いで、生まれ育った街が好きで、バケツいっぱいのプリンが食べたくて、最近世界遺産の写真を集めている美雪。そんな彼女と恋愛出来るのは他ならぬ自分だけなんだなあ、と考えるとこれほどロマンチックな物語はない。このゲームはメタ要素を多分に含んではいるが、根底にあるのは純愛だ。一途な恋を描いた擬似恋愛ゲームなのだ。
 

 


 ちなみに、ここで私が述べた「君と彼女と彼女の恋。」の考察はあくまでも私個人が辿ったシナリオから推したものである。例えば美雪の好感度を下げる選択肢をした場合、上述したような美雪がプレイヤーに恋していく展開は不自然になるわけだが、その時どういう展開になるのかを私は知らない。
 
 私が語った内容は、私がプレイした「君と彼女と彼女の恋」にしか対応しないので悪しからず。しかも再プレイが出来ないので私の一回プレイしたきりの記憶が全てであることをご承知頂きたい。





 
 追記

 演出について全然触れてませんでしたね。本作はそれで成り立っているといっても過言ではないのに。一旦強制終了して、本当にアップデートが行われているような雰囲気を作ったり、美雪の作った拙いシステム画面になったり、ユーザーの行動を逐一予想するような演出があったりと本作のシナリオならではの演出が多数ありました。セーブデータが本当に全部消えてしまったり、選んだヒロインしか存在しない世界(CG,シーン回想など)になったりと徹底されていました。メタルギアを彷彿とさせるようなパッケージを探せ!なんてのもありましたしね。バックログが改ざんされてたり、スマフォの日記も現実とリンクしてたり。一回しかプレイ出来ないゲームなので、多分私が知らない演出が他にも沢山あるんでしょうねえ。
 

 また、音響に関しても、美雪がプレイヤーに語りかける場面では、音量が戻ったり、BGMが好感度を表していたりとシナリオ自体は短いながらも色々と凝りに凝った作りになっていたと思います。

 コストパフォーマンスが低いとは言いましたが、それらを総合して考えればフルプライスであるのも納得出来ますね。


拍手

PR
≪  285  284  283  282  281  280  279  278  277  275  274  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Calender
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 23
24 25 26 27 28 29 30
Latest Comment
[06/04 ネクサス]
[05/21 スウェル]
[04/04 無題]
[03/13 NONAME]
[03/13 NONAME]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]