忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
様々な賞に選ばれ、映画化までされた非常に有名な作品ですが今まで読んだことはありませんでした。ドラマの原作としてよく耳にする東野圭吾氏ですが、色々なジャンルの作品が書ける人なんですねえ。本作もドラマのガリレオは数話見たことはありましたが、映画版は見ていません。

初めて氏の小説を読んだ感想としては、キャラクターの性格によるものなんですが、数学や物理、論理的な思考に基づいた文章ではあるものの、意外に読み易く一気読みしてしまうタイプの作品だと思いましたね。他の作品が同様かはわかりませんが、少なくとも本作に限っては起承転結もしっかりしていて序盤に貼った伏線も綺麗に回収しており、一作品として完成度が非常に高いなあと感じました。

あらすじとしては、天才的な頭脳を持った数学教師・石神は好意を抱いている隣人の母娘が元夫を誤って殺してしまったことを知ってしまう。石神は母娘を救うため、その頭脳を使って警察の目を欺く計画を立てる。一方警察では、捜査一課の草薙が物理助教授で同じく天才的な頭脳を持っている湯川に助言を求めていた。しかし湯川と石神は同級生であり唯一互いを認め合った友人だった。

といった感じ。最初から犯人が分かっている刑事コロンボとかのハウダニットを考えるタイプの推理小説ですね。天才対天才というガリレオシリーズでも屈指の人気作らしいです。



では、以下ネタバレ感想です。
















で、これは本作読んだ後に 実写版のキャスト見て誰もが思ったことでしょうが。やはり石神役に堤真一はないよなあw 映画版を高く評価している方もいて、演技力は非常に高い役者さん ですし出来は良いんでしょうけどもやはり私の中では冴えない中年のオジサンなイメージでした。どこかの方が仰ってましたが私も読み進めている時は温水さん とかのイメージだったので・・・w 石神が工藤や湯川に嫉妬や羨望の気持ちを抱いているのは物語上重要なファクターです。湯川が石神の言動に疑問を 持ったポイントですし。あと工藤役もダンカンよりももっとかっこいい人・・・というか堤真一とダンカン逆のが良かったんじゃないのか。興行収入考える と仕方ないんでしょうけどね。まあ実際映画版を見たわけではないので何も言えないんですけどね。



といきなり実写版の話に なってしまいましたが、本作。探偵役は湯川ですが、物語の主人公は完全に石神です。容疑者Xの献身というタイトルの如く、本来事件に関わる必要もない石神 は花岡母娘のためにあらゆる手を尽くして救おうとします。作中人物間では石神が花岡靖子に恋していた、と一言で言われていますが、個人的には男女間の感情 とかじゃなくなんというかもっと崇高な想いだったんだと思うんですよね、石神って。論理的思考過ぎて真っ当な恋愛出来そうもないですし。石神が自殺を思い 止まった日に見た母娘。あの感情も靖子一人ではなく「仲睦まじい母と娘」に対して抱いた、とされていましたし。
一部では実は靖子ではなく娘に惚れていた、という考察もあるらしいですが、流石にどうかなーと。電話で靖子本人からそれらしいことを聞いた時の反応などからいって娘に恋していただけっていうオチはないんじゃないかなと思いました。

あと中盤で工藤が現れてから石神がどういう行動に出るのか、もう一つ事件が起こるのかとか結構先が読めなかったのも面白かったですね。


こ のように物語としても中々に面白かったのですが、肝心のミステリとしての面白さ。これも流石に上手いなーと。作品の軸となる「ホームレスを殺害し、富樫の 死体に見せかける」という最大のトリックですが、最序盤に石神が論理的思考に長けた人物であることを示したホームレス達の評価。湯川が事あるごとに言って いた彼は論理的であるならばどこまでも冷徹になれる男だ、という石神の人物評。この二つが伏線でありヒントだったんですねえ。まあたしかにアリバイを作る ためだけに新たな殺人を行うのが本当に論理的思考だったのかって言われたら多少疑問が残りますけど、狂気とも言える石神の献身には薄ら寒いものを感じなが らもラストではちょっと感動してしまいました。うん、なんというんですかね、男ってああいうええかっこしいにちょっと憧れたりしません?w しません か・・・w

しかしどうしても気になるのが富樫の死体を誰にも見つからずに処理出来たのならもう一つの殺人を行って事件を明るみにする必要無かったんじゃないかなーと愚考してしまいます。誰かが言ってましたけど真の完全犯罪は事件が起きないこと、ですからね。

そ れだと「花岡母娘がいつ死体が見つかるか怯えながら暮らさなければならないから」というのもわからんでもないです。最悪のケースである石神が犯人として捕 まれば事件として円満解決されるから安心。とはいえ、花岡母娘から見て石神が何故そこまでしてくれるのか理解出来ず、いつか自白されてしまうかも知れない という恐怖は残ったままだと思うのですよね。石神自身は自分の想いもあるし、新たな殺人を犯してしまったという事実があるので裏切りようがないのですが、 花岡母娘はその事実を知らないわけですからねえ。冴えない中年男性の自覚がある石神が「自分が信用される可能性」を論理的に考えられていなかったとは思え ないんですが・・・。

後に海底に沈めた富樫の死体が見つかる可能性もありますし、失踪したホームレスの捜索がされる可能性もあります。単 純に富樫が失踪しただけならば泊まっていたホテルは前払いですし、捜索依頼を警察に届ける義務もなさそうですので、事件に成り得なかったのでは。もちろん リスクはありますが、どちらかというと新たな殺人を起こす方がリスクが高かったような気がするんですよねえ、最悪のケースを考えても。まあなんというか物 語のドラマ性とかここまでする程の献身というのがテーマなんでしょうからあまり突っ込むのは野暮なんでしょうけどね・・・w

拍手

PR
≪  158  157  156  155  154  153  152  151  150  149  148  ≫
HOME
Comment
はじめまして
映画も面白く見ましたが、たしかに堤真一はないですね。
不良ネコ URL 2011/01/30(Sun)17:47:41 編集
>不良ネコ様
コメントありがとうございます。
なるほど、やはり堤真一はないですか・・・。いつか映画版も見てみたいですね、内容を忘れた頃にw
UMS 2011/01/31(Mon)10:07:41 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  158  157  156  155  154  153  152  151  150  149  148  ≫
HOME
Calender
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Latest Comment
[04/04 無題]
[03/13 NONAME]
[03/13 NONAME]
[02/11 NONAME]
[01/11 DebbiWect]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]