忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
というわけでようやく終わったNavel新作、世界征服彼女です。今作のライターさんは王氏の弟子とも称される東氏が担当している模様。俺つばアフターで片鱗を見せていましたがメインとなる今作こそが真の実力を測る機会となりそうです。

世界征服出来る兵器を完成させちゃった幼なじみを持つ主人公の周りに集うヒロインズによるドタバタコメディチックな作品です。のっけから世界征服とか言ってますがノリ自体はかなり軽い感じです。


いつも通り、順番にいきますがヴィジュアル面、BGMは割と無難。キャラデザはいつもの御大です。これはもう好き好きなのでもはや語るべくもなし。強いて言えば今回は塗りの人が良かったのか立ち絵に違和感は特に感じませんでした。BGMはいつも通り無難で、故に印象には残らず。


そして肝心のテキスト。はっきりいってこれを目的としているといっても過言ではないわけですが、はてさて。一言で言ってしまうとライトな王雀孫、といった感じでした。ネタのチョイスやカオスな言動など節々に王氏の遺伝子を感じますw (←失礼)
うーんどうしても比べてしまうのですが、悪いというわけでなく違いを言うとギャグに対して主人公が心の突っ込みをするシーンが多いところですかね。俺つば主人公ズよりも受身なせいもありますが。それが個人的にテンポが少し悪く感じたところ。あとは単体で面白いキャラが少ないのが痛いか。とはいっても他のゲームに比べれば日常会話も総じてレベルが高いし、面白いキャラも多いので、十分におすすめ出来るのですけどね。

キャラとしてはあるルートで良く出てくる八十島さんが面白すぎでしたw
狩男とは違うベクトルですが、変態度は彼に匹敵するわ。ヒロインでは夢子、亜子様あたりはふつーに面白い。主人公もまあ面白い方。巷では鈍感過ぎるとかヘタレとか言われてましたけど私は特に不満は感じませんでした。夢子ルートだけはオイィィィ!とか思いましたけどw


個人的には俺つばをやった事が無くて、SHUFFLE!はやったことある、みたいな人にオススメしたい作品ですかね。王テキストへの橋渡し的な。しかし東氏もこのレベルのテキストが手早く書けるとしたらすごい才能です。セカジョレベルの作品がコンスタントに出せるならNavel安泰だわと思うのは私だけか。


総評:6点


では、各ルート感想です。





亜子

名門・花ノ宮家の御令嬢。多分ヒロイン中言動が一番オカシイ人。夢子の世界征服を止めるために主人公のクラスに転入してきます。ぶっちゃけちゃうと世界征服という要素を省いてしまうと各ヒロインのシナリオは大体普通というか王道の作風が多いです。ので、実はあまり語ることがなかったり・・・w

世界征服を止める相談をしている内に仲良くなった主人公と亜子。亜子も夢子の人柄を知り仲良くなっていきます。亜子の許嫁云々の騒動は主人公の活躍によって解決しますが、亜子は親から勘当されてしまいます。行く所が無くなった亜子は主人公の家に居候することになり、更に親密になっていく二人。で、最後は亜子と夢子の決闘。主人公は割と蚊帳の外。

といった感じですが、展開としては駆け落ちみたいなもんなのでお嬢様系のシナリオとしては王道ですよね。

亜子様は言動とかキャラとしては面白かったんですが、ヒロインとしてはちょっとテンプレ過ぎてびみょんでしたかねえ。でも許嫁の件を解決して終わりかと思ってたので、もう一悶着あって良かった。



菜子


不思議ちゃん系無口少女。その正体は国家特務機関の諜報部員。とりあえずキャラからは想像出来ないシナリオの展開だったのはナコちーだけでしたのでそこは○。そしてナコちーシナリオはなんといっても八十島さんが早くから出張るので、面白いw 

亜子様と同じく夢子の世界征服を止めるために転入してきた菜子。主人公を信用出来る人間と見て、世界征服を止める協力を依頼される。その作戦は主人公の家に居候(←またか)して夢子を逐次監視すること。世界征服宣言が撤廃され同棲の日々は終わりましたが、その2週間で感情豊かになり主人公とも親密な関係になった菜子でした。で、ラストはまたしても夢子VSヒロインという構図に。今回は夢子のゴッドリームに対し、咲上・参式によって真っ向から立ち向かうことに。パイロットは何故か菜子。

個人的には一番好きなシナリオ。つか菜子ちゃん可愛すぎるしね。ただこの辺で、ん?このゲームって終盤のシナリオ展開全部同じ・・・?と危惧し始めました。



桜子


世話焼きおっとり系委員長。昔一回主人公とデートした経験あり。見た目的にスペックは非常に高いのですが、どうしてもシナリオ展開が・・・。クリスマスを二人で過ごしたことあたりから急速に親密になっていく主人公と桜子。桜子へ告白しようとする主人公ですが、桜子は友達で借りがある夢子のことを考えて気持ちを受け入れることが出来ないってな王道的なシナリオです。何度フラれてもめげない主人公には割と好感が持てるんですけど、桜子が自分を拒絶している理由を考えもせずに再度アタックするだけなのが致命的だなあ・・・。行動力は評価するからもうちょっと考えろ、と。桜子も桜子でお前は拒絶するだけで何も行動しないの?って感じだし。ラストは夢子は桜子に対しては主人公を任せてもいい、というか桜子を主人公になら任せることが出来る、ってな感じで割と丸く収まりました。えー亜子様とかナコちーはダメで桜子はいいのか・・・。

あーまあ単純にこういうシナリオが苦手っていうことですね、個人的にw



椿子


百合に見せかけたツンデレ後輩。キャラ設定としては上手く出来ていたんじゃないでしょうかね。夢子との恋愛についての相談の中で徐々に親密になっていく主人公と椿子。そして遊園地での仮想デートで椿子の男嫌いの理由を聞かされる。しかしイジメられた原因が・・・流石に担任としての能力を疑うわ。ああなった理由もわかるんですけど、ちょっと夢子に憧れる理由とかにもう少し捻りがあっても良かったかと。しかし元々ノーマル恋愛派だし別にいいのか。ラヴラヴになってからは一番可愛いキャラだったかも。ラストは桜子同じく夢子が主人公を譲る形に。世間的には一番人気?らしいデス。たしかに遊園地の下りは結構もってかれそうになりました。

なんというかこれいっちゃうと物語全体を否定しちゃうんですけど、ぶっちゃけ譲るもくそも、夢子がブチギレる事自体筋違いなんですよねえ。自分自身でも八つ当たりとはいってますけどプレイヤーとして毎回ヒロインとくっつくのになんで夢子にお伺いたてにゃならんのよ、という感がどうしても拭えない・・・w まあぶち切れるのはいいとしても世間様に迷惑掛けんなよ、と。一人二人ぐらいラストを夢子オチにしないシナリオがあっても良かったかと思いました。流石に4回同じことやられるとウザく感じちゃいます。

そういえば途中で出てきたギャル男もといバニィDにはちょっと笑いましたねw



夢子


メインヒロイン。他のヒロインを全て攻略した後でないと真のルートにいけません。一度夢子ルートを進めると必ずちょっとバッド気味なエンドに到達し、リスタートをタイトルで選択することによって、グランドルートへ。うーん・・・それが悪いというわけではないんですけど、結局夢子ルートも世界征服という一点を除くと典型的な幼なじみシナリオなんですよねえ。この辺が如何とも。

1週目ではいまいち夢子に優しくすることが出来なかった主人公は、リスタートルートでは最初から夢子に優しくしていく。クリスマスでは一悶着ありましたが、初詣とか普通に夢子が可愛いシナリオです。夢子の誕生日に告白するために、色々と準備していた主人公でしたが、勘違いとスレ違いで夢子がついにぶち切れて世界征服モードに。世間的にはスケールのデカイただの痴話喧嘩なんですが、世界的には大迷惑w 色々な人の助力を借りて、本気の気持ちを夢子に伝える主人公。あとはまあ大団円、と。

このシナリオは夢子に問題もありますけど、流石に主人公の言動が悪い。言葉が足りなすぎ、空気嫁なさすぎ。男のええかっこしいは分かりますけどね。クリスマスにしてもなんでそこまで交換することに拘るのか意味不明。それで夢子を不安にさせちゃダメでしょう。バイトだなんだっていっても、クリスマス当日まで何も準備出来なかった自分が悪いんでしょうよ。とりあえずプレゼントを受け取ることの何が悪いのか。誕生日の件だって告白する前に嫌われちゃってどうすんのよ。誕生日まで黙ってて驚かそうとかってよく考えますけど、限度があるでしょうw

・・・と、夢子ルートの主人公は全ルート中で一番気に入らなかったです。

シナリオは正直予想の範疇内で終わってしまったのが残念ですかね。夢子が一旦マジで世界征服した後に主人公とよりを戻す、とか展開的にもう少し動きが欲しかった。この程度なら別に敢えて最後に回す必要もなかったかなーと。というかせっかくリスタートとか夢子だけあるんだし、もっと違った展開を希望していました。夢子ルートに関してはこんなところでしょうか。

んーあと夢子の言動が面白い時とそうでない時の差が有り過ぎだなーと思いました。主人公と友達みたいな感じで話す時は普通に面白いんですがねえ・・・結構辛辣な突っ込みしたり。そういうシーンがもっと観たかったな、と。



と、各ルート感想でした。


全体的には各ルートそれぞれ山場があって悪くはない・・・が特に良くもない。それはメインの夢子も含めて。世界征服の殻を一皮剥くと普通の恋愛モノに過ぎないんですよね。それでも世に星の数程ある凡作群に比べたらテキストとキャラで十分に魅力的なんですけどね。

やはりシナリオにもう少し幅が欲しかった。ラストの大筋が全キャラ一緒っていうのは流石にどうかと思います。あと最後に二人のヒロインで主人公を取り合うみたいな展開が個人的にあまり好きではないのですよ。全く私事で恐縮なんですが、性別逆にした場合に嫌悪感を抱く展開が好きじゃないというか。夢子を主人公と百式で取り合うとかホラ、嫌でしょう?w

主人公・服部往人について。プレイ前に軽く評判を見たところ、鈍感過ぎるだとかヘタレだとかという意見が多くありました。実際そういう部分はあったわけですが、鈍感という部分は夢子ぐらいで特に問題なかったと思います。ヘタレなのもちゃんと理由があるしご愛嬌。むしろ往人は昨今のスカした主人公達よりは恋愛に一生懸命で色々自分から行動していましたし、好感が持てましたね。ただこれも私的な拘りで恐縮ですが、主人公が各ヒロインへの恋愛感情を自覚した時って大抵既に惚れられてる立場なんですよねえw ここがなー。一人二人ぐらいは、頑張って振り向かせるキャラがいてもいいんじゃない?って思いました。


文句ばかりになってしまいましたが、セカジョが嫌いなわけではなくむしろ好きなゲームになります。上で述べたようにテキストの魅力は他で補えないモノです。だからこそシナリオも俺つばレベルの面白さが欲しかったなぁと思う次第です。別に俺つばもシナリオ自体がそこまで凝ってるわけでなく、他のシナリオ重視のゲームで俺つば以上のものは沢山ありますしね。


全っ然関係無いんですけど、このゲームやってて幽遊白書の玄海のセリフを思い出しました。人は皆気分次第で壊せるものを持っている。モノであったり恋人だったり。お前さんはそれが人より大きいだけさ。みたいな。夢子の場合はそれが世界征服だったっていう話。


拍手

PR
≪  160  159  158  157  156  155  154  153  152  151  150  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  160  159  158  157  156  155  154  153  152  151  150  ≫
HOME
Calender
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Latest Comment
[04/04 無題]
[03/13 NONAME]
[03/13 NONAME]
[02/11 NONAME]
[01/11 DebbiWect]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]