忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
CLANNAD第4話です。

アバンでは、生徒会室から帰ってきた渚。
部員募集の期間は過ぎており、
もうポスターを貼ることは出来なくなってしまいました。
諦めかける渚でしたが、まだ何か方法はあるはずだ、と朋也。

そんな二人を見つめる一つの影。・・・春原ですが。

で、OPです。未だに涙が出そうになる私、いい加減慣れろw

まずは恒例の智代戦。
昨日の春原理論(智代男説)はさらに間違った方向へ。
取り外し出来ねえからw

廊下で風子と遭遇。
とりあえず、ヘンな人と髪がヘンな人扱いをされる、朋也と春原。

ここで風子の事情が明らかに。
なんでも姉の結婚式を祝って欲しくて、
木彫りの星のようなものを配って回っている、とのこと。
風子の姉は、3年前までこの学校の教師でしたが、
今の生徒に風子の姉を知っている人はおらず、絶望的です。

演劇部部室。・・・長森牛乳!!長森牛乳自重しろww
再建に向けて何か手はないかと模索する朋也と渚。
そんな中、パン目当てに春原参上。
生徒会をシめる発言は置いといて、
事情に詳しいと思われる委員長への相談を提案する春原。
たまにはまともなことを言いますねw

で、告白したいやつがいる、と、椋を呼び出す春原。
渚と椋の背景にバラが見えるよっ・・・!
朋也と春原、二人ともノせ過ぎw
渚と椋、二人ともノリ過ぎw
ずっこけた杏に正座させられる朋也と春原。

委員長二人に詳しい事情を聞くと、
部員が3名いれば、部として発足が出来るとのこと。
ということで、当面の目標は部員集めとなります。

翌日。恒例の智代戦から。
とりあえず智代が女であることを認めた春原は、
それなら僕にメロメロ(死語)になるはずだってことで、
色仕掛け(笑 に走ることに。もちろん失敗しますが。

なんと今回はコンボが繋がり(朋也、鬼かw)、
ついに春原の顔にモザイクが掛かってしまいましたw
まあ、毎回「死ぬわっ!」の一言で済む春原も凄いですが。

朋也は智代に演劇部への入部を勧めますが、
生徒会選挙の準備があり、協力は出来ないとのこと。

で、朋也は半ばやけくそにも見えますが、
知り合ったことみや風子にも演劇部入部を勧めます。
ことみは保留。風子は部活をやっている暇はないとのこと。

風子の苗字を聞いた渚は、風子が美術の先生をやっていた
伊吹公子の妹ではないかと聞きます。
渚はダブってるので、この学校の生徒で、
唯一公子のことを知っていたんですね。

そして、明らかになる風子の事情・・・。
学校で噂になっている事故にあった少女の幽霊。

・・・ってあれ?
そんな、まさか・・・いきなり風子シナリオからやるんでしょうか・・・?

風子ってもしかして幽霊?疑惑が生まれたところで、次回へ。

ということで4話でした。
・・・ん~今話はちょっとテンポが悪い気がしましたが、
それは渚シナリオを軸に考えた場合で、
風子シナリオで考えると真っ当な路線ではあるかも。
以下原作ネタバレ有り。

拍手

PR

CLANNAD第3話です。
まずは、幻想世界の描写から。

ガラクタの体を得た「僕」が、少女の温もりを知るところ。
幻想世界の物語も少しずつ動き始めています。
しかしすごいですね・・・相変わらず。
幻想世界に関しては全編フルCGで行くみたいです。

そういえば、原作では、冒頭に幻想世界の結末が、
描写されていましたが・・・OPで簡略化かな?
・・・それといまさらの勘違いだったんですが、
OPで、誰もひまわり畑なんて走ってねえじゃんよ・・・。
菜の花畑ですかね・・・。私はアホの子か。。。
花畑っていうとひまわりに勝手に脳内変換する俺自重。


変わって本編。
第3話は、ギャグ成分がかなり濃厚ですw
最初から飛ばしまくるあっきー&早苗さん。
原作準拠のネタをやってくれるとやっぱり嬉しいです~。
さらりと公子さんも出てきました。
展開が速すぎてちょっと意味不明な登場ではありましたが。

そして、芳野さんも登場。
アニメ版だとさらに顕著なんですが、この街、ユニークな人間多すぎですw
多いに笑わせてもらいましたが。流石グリーンリバー氏。

名刺手渡しから春原部屋へ。
この辺りのテンポは時間短縮の意味を含め、いい感じ。
春原妹の伏線も張れましたし。
・・・これは「お兄ちゃん私よ・・・」とか「土偶」とかも
期待していいかもしれませんねw

次はもはや恒例の智代戦。今回は実は智代って男じゃね?という
春原理論から頭脳プレーに走りますが、結局一蹴。

ふと中庭を見下ろした朋也は、渚を見つけます。
渚は一瞬ためらう表情を見せた後、朋也に笑顔で手を振ります。
以前朋也が言ったことを勇気を出して実践したんですね。健気だ。

二人は互いに誤り、仲直り(?)をします。
傍から見るとすでにラブラブなんですが・・・w
いい雰囲気のところに風子参上。自重しろw

相変わらず小動物の反応ですが、とりあえずナイフを返してあげると、
木彫りの星のようなものをもらいましたとさ。
・・・この時点で「木彫りの星」の真実に気付く人がいたらすごいですねw


ん~ちょっと順番があいまいになっちゃったんですが
宮沢のゆきねえも登場しました。
ただし、単なるサブキャラで終わりそうな雰囲気は醸し出していましたが・・・。
でもいろんなお客が来るって伏線は張ってたな。。。
ゆきねえシナリオなんてやる時間あるのか・・・?


で、寝ぼける春原に100年後の世界ネタを仕掛ける朋也。
奴の春原弄りネタは無尽蔵かっw

CLANNADマスコットキャラクターのウリボウ・ぼたんも登場。
・・・あれ?ボタンって名前出たっけ?ど忘れ。
まあ、え、う○こ?とかストレートなネタはやりませんでしたね、朋也。
結構好きだったんですけどw

杏にも辞典&飛び蹴りをくらってボロボロな春原。
しかし本当にタフですね、奴もw
まあ、水玉の何かを見た等価交換ということd(飛び蹴り


変わって渚の演劇部説明会の練習。
実は演劇の経験も知識を全く無いという、部長の爆弾発言。
それでも、会話の中で、
渚が本当に演劇をやりたい理由を聞いた朋也は、
今の言葉をそのまま伝えれば良い、と渚に言います。

帰り際、演劇部説明会のポスターが剥されていました。
ゆきねえによると先ほど生徒会の連中が剥していた、と。
生徒会の許可を取っていなかったためですね。

そして、生徒会室に呼び出される渚、で3話完了。


と、いうことで、3話は原作準拠といいうか、
ギャグ成分が非常に豊富で、個人的にかなり満足な内容でした。
やっぱりCLANNADからギャグは外せない要素だと、
改めて感じましたね~。弄り倒してこその春原よ。
それにしても、ずっと春原のターン!な予告は一体何が起きたんだw
まさか次回で春原死ぬのかっ!?w

それとエンドロールで気付いたんですが、
幻想世界の少女は、川上とも子さんが担ってるんですね~。
これも非常に嬉しいキャスティング。たしかにぴったりかも。
おっとりとした雰囲気に、どこか悲哀を感じさせる声質とでもいいましょうか。
・・・まあ、みすずちんですからねっ!

しかし3話はテンポはいいものの、物語自体はあまり進んでいない印象。
全24話で、どこまでいけるのか・・・。
常にここを意識しちゃいますね、どうしても。
無理でしょうが、出来れば4クールぐらいでゆるりと見てみたいですわw
ひぐらし形式ならば、シナリオ的な無理もなく、さらに問題なし。

拍手

旅行記で、遅れてしまいましたが、
京都アニメーション製作のアニメ・CLANNADの
第1話+第2話の感想です。

とりあえず、待ち望んでいた日がついにやってきました。
らきすたももちろんいい出来だったんですけど、
京アニのKey作品に対するこだわりは尋常じゃありませんので、
CLANNADにも多大な期待をしていました。

・・・劇場版もあんな感じでしたし。

第1話+第2話ですが、出来については、
相変わらずの京アニクオリティで、安心して見れます。

というわけで、以下原作ネタバレ含む感想。

拍手

Kanon最終回の余韻を全てぶっ飛ばす勢いで、
電撃発表された、CLANNADTVアニメ化決定!

特報映像で、流れたアニメは流石の京アニクオリティで、
あのままやってくれれば、全く文句無い出来になりそうな予感です。
とりあえず智代の蹴りがすごいことになってましたw

京アニもにくらしいことをするもんですw

とはいえ、作画は問題無しとしても、
実際にどうするんでしょうかね、シナリオは。

はっきりいってAirをも超える超プレイ時間を誇るCLANNADは、
2クールどころか4クールあったってとても描ききれないと思います。
やはりKanonの反省(?)を活かして、
シナリオを渚メインに置いて進める他無いでしょうかね?

ただその場合、劇場版の構成と被ってしまう予感がするので、
難しいところですね。
私的にはやはり風子シナリオとことみシナリオだけは、
やって欲しいところではありますし・・・。

それにCLANNADという作品の構成上、
他のシナリオを全くやらないのは、
幻想世界関係とか汐アフターで、色々問題出てきちゃいますし。

うーん、ホントにどうするつもりなんでしょうか・・・。


まあ、放映時期も決まってませんし、
今からこんなこと心配しててもしょうがないんですけどね。。。

何にせよ、かなり嬉しい特報でした。
ハルヒの2期とどっちが早いんだろうな・・・。

らきすたってレベルじゃねーぞって感じですw

拍手

≪  1  2  3
HOME
Calender
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Latest Comment
[05/21 スウェル]
[04/04 無題]
[03/13 NONAME]
[03/13 NONAME]
[02/11 NONAME]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]