忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
あゆシナリオにおける、Keyのお得意技。
曰く、あげてから落とす。

20話は、もうあゆしか見えないっ!回でした。

前半Aパートは、もう甘々。初々しいカップルに終始ニヤケリング。
真琴、舞、栞のアプローチも涼しい顔でかわしていた祐一が、
あゆの前では、まるで中学生のようですw
つーか、顔赤くし過ぎですw
やっぱり心のどこかでずっとあゆが好きだったんだってことでFAでしょうか。

晴れて恋人になった二人を見た水瀬親子。
名雪が・・・。背中で何かを語っています・・・。

やはりこのままなんのフォローもなく名雪退場は無さそうですね~。
名雪の扱いに関しては、東アニも試み自体は良かったと思うんですよね。
問題は尺と演出でした。
京アニも同じ路線で行きそうな予感ですね。
・・・というか、他に道があるなら教えて欲しいぐらいですわ。
いまのところ、展開的にあれ以上は京アニに求めてないです。

以下ちょびネタバレ含み。

そしてBパート。
ついにあゆの「学校」へ二人で行くことになりました。
これが夢の終わりの始まり。

原作でもあいまいな部分だったところですが、あゆは嘘をついていたわけではなく、
本当に学校へ行って友達と会ったりしていた、と脳内補完していたんでしょう。
今の自分という存在が不自然でないように。

あゆが夢の終わりに気付くためには、
第3者(あるいは祐一だけ)と、変えようの無い事実を知ってしまうことだったんでしょうか。
例えば、病室に眠る自分の姿を見たり、今のあゆの状態を知っている人間と直接話したり、
ということでも、同じ結果となったんでしょうね。

「学校」の木が切られて無くなっていたこと、カバンの中に何も入っていないことを、
認識したあゆは自分の存在が不自然なことに気付きます。

残り4話・・・って・・・あれ、意外と残っているような・・・。
この後、あゆシナリオのイベントとしては、人形探しぐらいしかないと思いますので、
そんなに時間は必要ないですよね。
・・・ということは名雪シナリオもまともにやるっぽいですね。
ラスト1話は、舞や栞のエピローグが残ってますから、あまり使えないとしても、
21話、22話辺りは名雪に回せそうですね。

拍手

PR
≪  57  56  55  54  53  50  49  48  47  46  45  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  57  56  55  54  53  50  49  48  47  46  45  ≫
HOME
Calender
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Latest Comment
[05/21 スウェル]
[04/04 無題]
[03/13 NONAME]
[03/13 NONAME]
[02/11 NONAME]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]