忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
いまさらですが、ようやくクリアしました。
ヴァルキリープロファイルやスターオーシャン等で有名な、TriAce開発でセガ販売のゲームです。

ジャンルは弾幕重奏RPGだとかなんとかいってたような気がしますが、戦闘システムや成長システムが特殊なRPGです。いちいち攻撃する度にアクロバティックに動きながら銃を乱射します。え?台詞とかが恥ずかしいし、オーバーアクションの意味がない? だがそれがいい。

というわけで世間では厨二病の頂点と言わんばかりの評価ですが、私はこういう無駄な動きとか大袈裟なセリフ回しとか大好きですけどねえw マトリックスとかリベリオンとかね。




世界観はちょうど同時期に発売されたFF13に近いですかね。バーゼルという箱庭の中、ゼニスという統合システムで完全に制御される人類。バーゼルは巨大な鉄の塊といった風で、巨大な歯車がそこかしこで動いています。緑とか海がないため、FF13に比べると悲壮感が漂う世界ですね。ただしキャラクターや序盤の展開は明るいノリで構成されており、いろんな意味でFF13と真逆な印象が強いです。

メインキャラクターはチームの保護者的な存在のヴァシュロンと無愛想な少年ゼファー、表情豊かな少女リーンベルの3人。この3人の掛け合いが結構楽しいので、キャラクターの魅力は十分に出ていますね。特にヴァシュロンは基本的な性格が女好きでお茶目なので、見てて楽しいですw バーバレラ邸イベントは必見です。


で、トライエースのRPGといえば、やはり特殊な戦闘システム。このEnd of Eternityも一言で表せない、非常に独特な戦闘システムになっています。マシンガンはスクラッチダメージ、ハンドガンやグレネードはダイレクトダメージ。インビジブル・アクションやレゾナンスアタック・・・など、本作の戦闘システムは専門用語が非常に多い上に、斬新過ぎるため慣れるまでは非常に苦労すると思います。また、システム的にもISゲージが3つしかない序盤は敵を上手く倒すことが出来ず、デンジャー状態になりやすい。
後半になるに連れISゲージにも余裕が出来て、ミスったり、追撃でお金稼いだり、パーツをゆっくり破壊したり・・・と、いろいろ考えながらプレイ出来るようになるんですがね。


銃のカスタマイズも楽しいっちゃ楽しいんですが、ひたすら面倒くさいんですよね。せめて操作性が良ければもう少しマシだったと思うのですが。ステータス類はシンプルで良かったかな。

攻撃力というバロメーターがないのは斬新ですね。あくまでマシンガンのチャージ数でダメージが増加していくという。追撃を駆使すればレベルが格段に上の相手でも倒せる可能性がある、というのは良いです。まあ結局マシンガンの追撃発生率とチャージ速度、加速度を上げる必要があるのである程度のレベルとカスタマイズは必須になるんでしょうけどね。開始直後ミサイルでフルスクラッチ→デンジャーなんてこともままあることで、そんな強敵もやり方次第で勝てたりするバランスは面白いです。



あと全体的にテンポの良いFF13をやったばかりなので特にそう思うのですが、ボス戦前にセーブが出来ない、リトライにお金が掛かる、ダンジョンに入るとメニュー画面が開けない=装備を変えられない 街の暗転ロード・・・と悪い面が色々目立ちました。 特にメニュー画面が開けないのはきつくて、例えばダンジョン内で二丁拳銃が有効な敵と特殊弾が有効な敵といた場合、どちらかを選ぶしかないみたいな状況に陥ることが多いです。エスケープヘキサなんかはわざわざ装備しなくともメニュー画面から使えても良いぐらいですしね。ボス戦も初見でどんな攻撃してくるのか、何が有効なのかを調べてから装備等を整え、改めて再戦する、なんてRPGだったらお約束のことも、このゲームだと装備を変えるためにはまたダンジョンに入るところからやり直さなきゃならないのが非常に億劫。いまどきのゲームで流石にこれはないわ。

うーんあとは武器の種類が他にも色々あったらいいと思いましたね。近接+範囲攻撃のショットガンとか、遠距離用のスナイパーライフルとか。戦闘に慣れたあとは結局同じ事の繰り返しとなるので、敵の数が多い時はひたすら面倒くさい仕様なんですよね。レゾナンスアタックをやるにしたって、ターゲットの選択が見にくくて行動ゲージを無駄に消費したりしますし。



で、ストーリーですが、ここは正直擁護のしようが無いほどに酷いです。完全にユーザー置いてけぼり。FF13なんて目じゃないぐらいにわけわかめです。続編前提で作られてるからかも知れませんが、この世界の成り立ちやゼニスに管理されているバーゼルという世界の未来、レベッカ・・・なんとなくまとまってるように見えて、全然解決してないし。うーんなんだろうな、中途半端なんですよね色々と。普通の和製RPGのように世界を救う騒動に巻き込まれるわけでもなく、しかし一応人類代表でもあるロエンと最終的に対決はするものの、世界に大きな影響を与えるわけでもない。キャラクターは魅力的だっただけに非常に惜しいですね。
世界観とかの設定は、街の人々の話をチャプター毎にちゃんと聞くことでいろいろ分かってくるというのも昔のRPGっぽいんですが、現代のゲームとしてそれが良いのか悪いのかは微妙なところ。




というわけで総評。

戦闘システムは非常に斬新でこのゲームでしか味わえない楽しさがありますが、武器のバリエーションや戦い方にもう少し幅が欲しかった。キャラクターや世界観は魅力的なものの、シナリオがぶつ切りかつ、投げっぱなしのため意味不明のまま終わってしまうのがネック。

無駄にスタイリッシュなアクションを真面目に、あるいはバカゲーとして楽しめる人にはオススメ出来る作品です。

拍手

PR
≪  223  222  221  220  219  218  217  216  215  214  213  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  223  222  221  220  219  218  217  216  215  214  213  ≫
HOME
Calender
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 24 25
26 27 28 29 30 31
Latest Comment
[03/13 NONAME]
[03/13 NONAME]
[02/11 NONAME]
[01/11 DebbiWect]
[11/25 にんじん]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]