忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
第4回ホラー小説大賞を受賞したという作品です。
 
保険会社の営業職である若槻慎二は菰田重徳の家を訪れるが、そこで菰田家の子供が首を吊った状態で死亡しているのを発見してしまう。事件の疑いが濃厚な事案であったことに加え、菰田家には以前にも自傷とも疑われる不可解な保険金請求があったことから、若槻の保険会社では保険金の支払いを保留していたが重徳は執拗に支払いを求める。疑念を抱いた若槻は、一連の事件の首謀者を重徳と推測、妻の幸子に注意を促す匿名の手紙を送るのだが・・・
 
とあらすじコピペ。
 
 
発表後に和歌山毒物カレー事件に酷似してることでも話題になったベストセラー小説です。主人公は上記のように保険会社の社員なのですが、よくある外回りの営業ではなく、会社で客と相対する内務の職業です。貴志祐介氏自身が保険会社の社員だったこともあるらしく、生命保険という制度の表と裏について非常に綿密に描かれています。応接室の灰皿は薄いものにしたり冷たい飲み物を勧めたりと細かい描写がリアルです。
 
さて、この黒い家。ホラーというジャンル自体それ程好まないせいもありますが、マジで怖い。小説読んで戦慄するなんて中々ありません。それでいて、いやそれ故か読み始めたら止まらない、先を知りたくなる魅力があります。怖さの類がまた特異であることが本作の面白いところですね。
 
日本のホラーといえば幽霊、怨霊、妖怪といったオカルトチックなものが一般的ですが、この黒い家は、そういった非科学的なものを一切出すこと無く、とにかく異常な人間を描くことだけで成立している小説です。描写がグロテスクだとかスプラッタだとか、そういう怖さではなく、単純に不気味、薄ら寒いといった怖さ。今隣にいる人が、もしかしたら殺人鬼なのかも知れない。そんな社会にあなたはいるんですよ、というのが恐怖感を煽る最大の演出ですね。
 
以下ネタバレです。
 



構成は非常に分かりやすく作られていて、読み易いのが良いですね。サイコパスだったのは菰田重徳ではなく、妻の菰田幸子だった、と判明した時の戦慄は半端じゃないです。本人に注意を促す手紙を送ってしまったこと、小学生の頃の作文が示す真実。もちろん予想出来る範囲なのですけど、主人公の心理がきちんと描かれていて感情移入しやすかったですね。
 
古来より得体の知れないもの、理解の及ばないものが一番怖いというのが日本人というか人間の本能だとされてきました。だからこそ原因の解らない疫病を妖怪のせいにしたり、なんとか自分達の理解の範疇に収めようと努力をする。現代ではこれらも科学的な根拠の元に解明され人間の理解が及ばないものは殆ど無くなっています。そんな時代だからこそこういった行動原理の分からない精神異常者が誕生し、最も身近で怖いものとして描かれるのかも知れません。

 
中年のひ弱な女性に過ぎない菰田幸子は数々の人間、同種の怖さを持っていた潰し屋の三善ですら殺してしまう。若槻と対峙した際も、その攻撃性が顕著に出ていましたが、相手の眼や急所を狙うことに何のためらいもなく実行出来ることに怖さがあるんですよね。乙一氏のGOTHを読んだばかりなのでこういった異常者が多い社会になってるんだろうか、とちょっと本気で心配になったり。これ10年以上前の小説ですし、金石が言っていたことが現実になってるのかも、見たいな。

 
また、先に述べた、保険という制度の現状と問題点や、心理学の観点からのサイコパスが生まれる土壌などもある程度解説されているため、社会派ホラー小説といってもいいのかも知れません。とりあえず一つ言えることは保険会社の社員には絶対成りたくないな、ということです(ぉ


 
若槻の恋人役として登場した恵も心理学に精通していて、きちんとキャラが立っていて良かったです。あれだけの目にあってもなお、生来の異常者なんていないと言える彼女は凄いですね。その彼女を作り上げたのが、異常とも言える両親だったのは皮肉ですが。

一応本作の〆としては若槻と恵が信じたように、異常者とは幼少時代のトラウマや家庭環境が作り出すものであり、それを改善することで彼らが生まれるような社会にはならないという結論ではありました。しかし菰田幸子が引き起こした惨劇があまりに鮮烈過ぎて、全然希望が見出せない感じですけどねw


とにかく読み始めたら止まらない、ノンストップホラーサスペンスです。オススメ。

拍手

PR
≪  227  226  225  224  223  222  221  220  219  218  217  ≫
HOME
Comment
無題
難しそう
停車男 URL 2011/12/22(Thu)15:11:31 編集
Re:無題
>難しそう

保険会社員の主人公となるとお固い印象があるかも知れませんが、保険周りの話が物語の鍵を握っているわけではないので、意外と読みやすい作品だと思いましたよ~。
2011/12/23 19:42
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  227  226  225  224  223  222  221  220  219  218  217  ≫
HOME
Calender
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Latest Comment
[04/04 無題]
[03/13 NONAME]
[03/13 NONAME]
[02/11 NONAME]
[01/11 DebbiWect]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]