忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
はい、恒例となりましたマブラヴオルタネイティヴのファンディスクであり続編、クロニクル03の感想です。

内容としてはいつも通り、デイアフターをメインに、オリジナルの短編「再誕」その他を収録しています。
プレイ時間はデイアフター8~10時間、再誕が4時間といったところですか。

グラフィック、演出、音楽等はいつも通りのため割愛。そういえば今回は主人公の響がフルボイスになっていましたね。中々ハマり役だったせいか、なんだか前からボイス付きだったような錯覚をしました。武役の保志氏に少し近い声質で良かったですね。

当たり前ですが続き物ですので前作プレイは必須。相変わらずプレイ時間とコストの問題はありますが、この商法をいつまで続けるのかちょっと疑問に思い始めました。




総評:6点

以下内容感想、ネタバレありですのでご注意をば。






さて、今回は、前作で食糧事情の救世主となるべく建設が始まった食料プラントを巡って、一悶着あります。まりもちゃんは前回の条約違反であるS-11爆弾の不法所持の責任を問われ更迭。あわや出番無しかと思いきや・・・もうまりもちゃんヒロインでいいんじゃね?という程の活躍ぶり。子供に見せる素の優しいまりも先生を見れただけで感無量ってなもんです。

さらに、まりもちゃんの代わりに英雄に仕立て上げられた響は、自分の価値と世間での扱いにギャップを感じ思い悩む。リリアやまりもちゃん、殿下からの叱咤を受け、自分自身を虚像としての自分に近づけることを決める響でした。ちとウジウジしましたが、この辺りは成長が見られてよかったですね。

そして日米とフランス・カナダ連合との戦争は、殿下の生産プラントの情報開示を餌とする作戦を基に4カ国会議までなんとかもつれこみ止めることが出来ました。これで響は日米のみならずフランス・カナダに英雄としての名声を轟かせたことになります。

ハワイ政府では、斑鳩家当主?周りでなにやら不穏な空気が漂っています。そしてその側近の中には・・・まさかの武が。とりあえず全然意味が分かりませんが先が気になることは確かですね。目が死んでたし一体何があったんだろうか。

あとはやはり殿下は冥夜で確定っぽいですね。まりもちゃんがミツルギと言いかけたのも、殿下自身の言動からも。そなたに感謝を、ってやっぱり冥夜だよなあ。普通に考えたら殿下は多分オルタネイティヴ5で地球外に脱出してるんですかね、多分。


今回盛り上がるシーンとしては、占拠されたプラントに特攻を掛けるところとラストの信号弾からのシーンだと思います。・・・が前回に比べるといまいち盛り上がらなかったかなあ。いや面白かったですけどね。もう少しプラント内での攻防戦があれば良かったかもしれない。あとは前振り要素が多すぎていまいち楽しみきれなかった部分が大きいかな。


クロニクルも03まで来ましたが、メインのデイアフターが少し小出し過ぎないですかねえ。20時間ぐらいの骨太なシナリオを期待してもいいじゃないの。生殺しもいいところですよ・・・。

拍手

PR
≪  242  241  240  239  238  237  236  235  234  233  232  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Calender
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 24 25
26 27 28 29 30 31
Latest Comment
[03/13 NONAME]
[03/13 NONAME]
[02/11 NONAME]
[01/11 DebbiWect]
[11/25 にんじん]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]