忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
 最近考えながらプレイするゲームを立て続けに終わらせたので、少々疲れていました。しかし、積んでいるのはそれを助長するような傾向のゲームばかりだったため、羽休めにと何も考えずに楽しめそうなモノを探していました。
 そんな中で予てから、無敵の主人公が痛快、キャラの掛け合いが一級品、などの点で有名だった暁の護衛シリーズに白羽の矢が立ちました。単純に深いことを考えないでプレイ出来そうだと思ったんですよね。

 というわけで、しゃんぐりらより暁の護衛シリーズです。
 
 
 本作は、本編である暁の護衛の他、ファンディスクであるプリンシパルの休日、そして完結編である罪深き終末論の3作品で構成されています。現在は、暁の護衛トリニティとしてPS3やPSPなどで3作まとめて移植発売されています。
 わざわざPC版3作を探して買うよりは、素直にこちらを選択するべきだと思います。内容はほぼ一緒で、Hシーンの代わりに相応の追加がある程度、らしいです。うん、Hシーンを期待してPC版を買うのは正直オススメ出来ないです・・。色々と手抜きが目立つ中でも、Hシーンのテキストの手抜き感は半端じゃないですから。
 
 
 前置きはこれくらいで、早速内容。
 
 あらすじとしては、禁止区域という犯罪者の巣窟出身の主人公・海斗が、ひょんなことから、大財閥のお嬢様・二階堂麗華のボディーガードとなるお話です。
 暁の護衛は、各ヒロインそれぞれが抱える事情を解決し、エンディング、というオーソドックスな内容。
プリンシパルの休日では、それぞれのアフターストーリーと海斗の過去を描き、かつ伏線のバラマキます。罪深き終末論では、禁止区域に対する日本という国家の政策と反逆の中で翻弄される主人公とヒロインを描きます。
 
 プレイ時間は、大体1作15時間程度で、計45時間ぐらいでしょうか。3作品合わせればボリュームはあるものの、1作ずつで考えるとやはりボリューム不足は否めない。特に1作目は、あまりにも薄いシナリオと残した伏線のせいで未完成品という印象が強い。罪深き終末論については後述しますが、別の問題を孕んでいますし、コストパフォーマンス的にも、内容的にも褒められるのはプリンシパルの休日のみと言えそうです。
 
 
 グラフィック。トモセシュンサク氏のゲームは初めてだったのですが、可愛いながらも肉感的で魅力的なビジュアルでしたね。CGや立ち絵の出来も良く、ここは素直に褒められるべき点でした。麗華のアへ顔は要らないけどな!!
 
 BGMは無難なところですが、各種OPテーマは良かったですね。無印が一番好きかな?
 
 システムについては、はっきり言ってボロボロ。コンフィグが悪いとかじゃなく、あまりにもバグが多すぎる。誤字脱字は言うに及ばず、音声抜け、背景間違いなどその範囲は多岐に渡る。あまりに酷いのでシナリオが急展開するのが、バグなんじゃないかと疑うレベル。パッチ修正があるとはいえ商品として発売するのが忍びないとは思わないのだろうか。
 
 
 で、本作のシナリオライターである、衣笠氏の最大の売りであろう点が、テキストですね。久しぶりに日常会話がひたすらに楽しいゲームをプレイしました。これは何よりも主人公・朝霧海斗の性格によるものが大きいですね。特に、ヒロインの一人・ツキと海斗の掛け合いは殆どがコント染みていて面白いです。他のヒロイン達もそれぞれ海斗との会話が個性的で良いですし、ツキと双璧を為して面白いのが、尊との掛け合い。掛け合いっていうか一方的に海斗がいじり倒してるんですけどねw グリーンリバー氏であそこまでのギャグキャラを演じたのって、初めてなんじゃなかろうか。パロネタが多いですね。ガンダムWとか。
 しかしシリアス一辺倒な禁止区域で育った海斗が、わずか一年の学生生活で、あんな楽しい会話が出来るキャラになるとはとても思えないんですけど、それは野暮ってもんですかねえw
 
 尊の扱いは、CLANNADで言う春原みたいな感じなので、海斗や麗華、彩からの非情な弄りで可哀想になる部分もあるのですが、才能のないもの(主に海斗とか)やツキに対して見下した態度を取るなど本人が悪い部分もあるので、そこはバランス良く配置されていると思います。
 
 
 このように日常シーンのテキストは文句無しに面白いのですが、シナリオに難ありなのが玉に瑕。暁の護衛は、上述したように、各シナリオがあまりに薄すぎる。プリンシパルの休日は、まあファンディスクとしては妥当な内容ですが、メインヒロインの麗華のシナリオがぽっと出の鏡花と供用というのは如何とも。で、罪深き終末論は、前2作でバラ撒いた伏線は、一応ひと通り回収したものの、本当に回収しただけといった内容なのが問題。詳細は後述。
 
 というわけで決して手放しでは褒められないものの、テキストの面白さは、他に代えがたく、賛否両論なゲームだと思います。うーん、こういうライターさんこそ、普通の学園モノを書かせた方が光るような気がするんですけどねえ。
 
 
総評:6点 (3作の平均点)


 では、ネタバレシナリオ感想です。まあたいしてネタバレが怖いゲームでもないとは思いますが。
 
 




 



 まずは、暁の護衛。このタイトルでありながら、お嬢様を護衛するシナリオは皆無という内容。うん、そうなんですよね。お嬢様とそれを守るボディーガード、っていう設定の時点で、普通お嬢様が悪い奴らに狙われたり、攫われたりっていう展開を期待すると思うんですけど、そういうのが殆ど無い。せいぜいボディーガードになる切っ掛けの麗華が攫われそうになる事件ぐらいですが、結局アレも佐竹の差し金で、実際狙われたヒロインっていないんですよね。これはどうなのよ。
 まあ海斗達は一応訓練生であり、憐桜学園周辺は極めて安全な地域だ、っていう設定もあるんですけど、だからってマジで事件が起きないのは物語としてどうなのよ。ヒロインが危ない目に遭うのは大体海斗が原因ですしね。こういうわけでシナリオ展開的に特に面白いものはありませんでした。
 
 プリンシパルの休日。各ヒロインアフターは、まあ大体ファンディスクらしい内容で、特に文句はないですね。また、続編への布石として海斗の禁止区域での過去が明かされます。ここは中々見応えがありました。幼少時代の海斗の監禁生活は、中々に壮絶な内容でしたし、禁止区域の人間が表の世界の人間とスペックが違い過ぎるのも多少は納得が出来る世界でした。まともな治療も出来ないあの世界で怪我したり骨折したりしても割とすぐ治ったり後遺症も無かったりするのは不可思議ですが、海斗が無敵だったから、で良しとするしかないですね。
 
 
 
 で、色々と問題の罪深き終末論。おまけヒロインが多すぎますが、メインとしては、麗華、清美、朱美、舞(禁止区域)の4ルートになりますかね。期待されたであろう薫ルートは、麗華ルートとエピローグ以外完全に共通で、むしろ序盤の南城家部分が薫ルートと言っていいです。
 
 麗華ルートは、政府の政策に対する禁止区域の反乱により、攫われてしまった麗華達を海斗達が救出するお話。全てのルートに言えることですが、終盤の描写が薄すぎるのが致命的です。海斗がついに本気を出すわけですが、数クリック程度で終わる軽いバトル描写ばかり。禁止区域の人間をなんだかんだで一人でぶっ潰してるっていうチート過ぎるスペック。
 敵役のアキラは、散々因縁をつけておきながらの小物臭が酷い。敵が弱すぎてカタルシスがないんですよね。
 
 
 清美ルートは、海旅行に行けなかった海斗が屋敷を追い出されて、清美の家に転がり込みながら、禁止区域の反乱を警察と協力しながら止めるルート。やはり終盤のあっさり風味が気になりますが、導入の屋敷を追い出される理由がしょうもなさすぎる。完全に海斗の自業自得だし、海斗に対する印象が悪くなり過ぎだと思うんですけどねえ。
 たしかに自由奔放で傍若無人なキャラですけど、麗華のことを少しでも守る気持ちがあるなら自重しろよ、と。源蔵に対する横柄な態度とかは、ある意味海斗の理念に関わることだからいいですけど、屋敷中の高価な壺やらを壊しまくって、悪びれることもなく、追い出されたら麗華になんとかしてもらうか、ってギャグの領域超えてただのガキの我侭なんですけど。えっちゃんやらみっちゃんやらのメイドを庇ってとかでも良かったんじゃないですかね。
 清美自体は可愛いキャラだったんですが、特に罪深き終末論で感じるんですが、女性陣がチョロ過ぎないか?海斗のわけわからん人を引き付ける魅力みたいなのが暴走してる気がする。
 
 
 朱美ルートは、風子が経営する風俗店で、バイトするハメになった中で、彼らの目的、禁止区域の反乱を止めるのに協力する話。中でもキーキャラとなるのが朱美と絆になります。朱美が具体的に禁止区域の中でどういう存在だったのかは、本ルートでは明らかにはならないですが、アキラと姉弟関係であることは判明します。
 で、無印の頃から描写していた朱美の海斗に対する殺意は、禁止区域時代に唯一敗北し、レイプされた相手が海斗だったことにありました。そして絆はその時に身篭った、海斗と朱美の子供。五十嵐が言っていた、王たる遺伝子を掛け合わせた存在は既に生まれていたんですね。絆にすらビビるアキラワロタ。話としては割と好きな部類ですが、朱美の憎しみの着地点と、海斗のそれに対する贖罪やら和解やらのアクションが有耶無耶のまま、ハッピーエンドになってしまった印象。やはり終盤の投げやり感が半端ない。
 
 
 舞ルート・・・というか禁止区域ルートか。これはアキラからの情報を元に、海斗が杏子を追って禁止区域に舞い戻り、なんだかんだでいきなり幹部にされるお話。一応禁止区域の反乱の真意を筆頭に、今までの伏線がさらっと明らかにされる完結編といっていい内容・・・にする予定だったはず。
 
 まず、高熱状態で金剛+αと戦って、あーマジ風邪つれー風邪引いてなかったら瞬殺だったのになー熱がなーで、組織に捕らわれた海斗。そのまま舞に全爪剥がし・ナイフメッタ刺し・ヤク漬けの拷問を受けるも適当な看護によって完全復活。うん、完全に人間じゃないねこの人。ウーだろうね。
 
 そこからは意気投合したボスの五十嵐によって幹部にされ、禁止区域一掃政策の真実を知る。まあこれはありがちな、死ぬまで強制労働させて国の利益にしちゃおうっていうシンプルな真実。そして五十嵐の反乱の真意は、例え敗北すると分かっていても、反乱の意思を持って一泡吹かせた者たちがいたことで、国が変わることを願ってとかそんな理由だったかな?いってることはわからんでもないけど、禁止区域の人々への風当たりは強くなるだろうし、逆効果にしかならんよね。
 それよりも海斗に渡した本を世間に公開するなり、禁止区域の内情を明らかにするなりって動きのが余程スマートだと思うんですけど。権力を持った人間に潰されるってのももちろん考えられますが、たしか禁止区域って日本だけの話でしたし、国外に向けて倫理的観念に訴えたりとか、もうちょっと違うやり方があったんじゃないかなーとか思う次第です。
 
全ルートの所感としてはこんなもの。
 
 
 
 そもそもゲームの本来のコンセプト的に、金と権力を持ったお嬢様を、力を持ったボディーガードが護る話なわけですから、無印の萌ルートで少し触れたようにお嬢様が禁止区域の内情を知り、それをなんとか打破しようと模索する。そういった禁止区域の現状を変えようとする権力者をよく思わない連中ももちろんいて、それらから護衛するのが我らが主人公。で、最終的に政治的な話に持って行って、日本という国家が変わっていく、みたいなストーリーを私は期待していたわけですよ。
 禁止区域に触れること無く終わった無印はともかく、完結編の罪深き終末論では、正にそういうお話をやって欲しかった。
 
 しかし、蓋を開けてみれば伏線を回収しただけのストーリーと、数を揃えただけのハリボテヒロイン、あまり意味があったと思えない反乱、なによりも、それらを構成する各描写の薄さ。最強設定の主人公を始めとしたバトルの圧倒的な薄さ。ペラッペラやで。最強なのはいいけど、相手方にサシでいい勝負出来るような強敵がいなきゃ、流石に盛り上がらないですよ。オヤジと最強決定戦はどこかで実現して欲しかったなあ。
 
 
 プリンシパルで壮大な前振りをしていたアキラと柏なんかは、もう本当に肩透かしもいいところです。子供の頃はもうちょっとカリスマ性持ってたと思うんだが、なんであんな小物に・・・。柏なんてずっと同じ姿でいた理由が本当にただの病気だっただけって・・・ばんなそかな。もうちょっとさあ、なんかなかったんですかねえ。ユウキみたいなロボットが存在する近未来なんですから、実は海斗の母の記憶が移植されたロボットだったとかさ。それなら姿を消した雅樹との絡みだって上手く消化出来そうでしょう?須藤の元パートナーで、母親を殺した張本人だったって、どう考えてもつじつま合わせの後付け設定でしょうよ。何の説明もなく生き返った雅樹もなんとかならんかね。麗華ルートの共闘なんて本来燃える展開なのに、ポカーンでしたよ。
 
  他にも要らないキャラがあまりに多すぎる。マコトだかっていうガキとその連れの話は丸々要らないし、中華二人も要らんよ。龍は南城家でのライバルとしてだけならいても良いけど、妹はいらんでしょう。香奈子と楓も必要ない。舞は、一応禁止区域ルートのみのヒロインも一人ぐらいは要るだろうからギリギリOKですけど、別に杏子でもいいし。翔子もいらない。Hシーンだけしか専用シーンないキャラに、感情移入出来るわけないでしょう。
 
 もっと人数減らして、アキラが五十嵐の意思を継いで禁止区域のボスで、幹部は金剛と不動のみ。須藤の役目はどちらかに統合しちゃえば問題ない。朱美は設定的に組織の幹部である必要もない。風子と岡崎も必然的に要らなくなる。このぐらいのシンプルな構図で良かったんじゃないかなーと思うんですよね。減らした分、話の展開やバトル描写をもっと濃くすることはもちろんですが。
 
 
 文句ばかりになってしまいましたが、作品の世界観、メインキャラクター、掛け合いの魅力は存分に持ち合わせており、うまく料理出来れば素晴らしい作品になる可能性を秘めていたと思うのですよ。故に非常に惜しい作品という印象です。まとめて作りなおせたらきっと良い物が出来るだろう・・・と思ったんですが、トリニティがほぼそのまんまだったことを考慮するとこれが限界だったのかもしれません。
 
 
 海斗については、評判通り、爪を隠すタイプの最強ヒーローでかつ言動が面白いという良い主人公だったんですが、いくらなんでもモテ過ぎだとは思うんですよね。特に罪深き終末論において。彼のある特定の人間を惹きつける魅力が発揮されるのって、せいぜい麗華とかツキとかのメインキャラだけでいいと思うんですよ。その方が彼女らの特異性も引き出せるし。その他の人間は、別に最初から海斗に好意を持つ必要はない。
 禁止区域での過去を鑑みても万人に愛されるような人間でないことは、自他共に承知済みなはずです。普段の言動・行動だって褒められたものではないし、深く付き合っていく中で、好意を持つのは良いしそうあるべきなんですが、例えば風子の店でバイトしてた時も同じ仕事してたマコトよりも好意を持って海斗が受け入れられてるのを見ると、主人公補正を感じすぎてあまりいい気分にならないんですよね。
 
 あとは、これはエロゲ業界がトラウマ的に抱えるガンみたいな問題だと思うんですが、サブ含めてあれだけ大量のヒロインがいて、全員処女というのは流石に現実的じゃなさすぎると思うんですがどうなんですかね?朱美と杏子は過去に海斗が貫通済みだし、実質的には変わらない。
 や、お嬢様方が処女なのは妥当だとは思いますよ?清美も身持ちが硬いということで許そう。しかし禁止区域ルート系のヒロインについては、流石にありえないでしょう?人殺しも臓器売買もレイプも当然のように行われてる世界で、貞操観念の高い女性の多いこと多いこと。柏がロリ過ぎて手出されなかったって・・・少年時代の海斗が受けた凌辱はなんだったの。杏子も海斗が表にいってから誰にも手出しされなかったんですね。禁止区域ルートで捕まっても無事だったんですね。翔子もアキラに調教されながらも処女だけは奪われなかったんですねー。麗華達高等区の人間が攫われても、誰も何もされなかったみたいですね。いや、すごいよ、禁止区域の人達って聖人君子じゃないの?なんか宗教的理由でもあるの?死ぬの?
 
 いやね、別にヒロインの凌辱シーン入れろって言ってるんじゃなくて、ヒロイン達の貞操があまりにもご都合主義・主人公補正で護られすぎてて、どうしようもなく陳腐に見えちゃうんですよ。いやー攫われて襲われる時間が十分にあったけど、誰も手出しされなくて良かったね!なんて茶番にするんだったら、最初からそんな展開にすんなよと言いたいんですよ。
 そういうことが日常的に行われる世界を作っておいて、モブキャラとかは酷い目に合ってるのにヒロイン達だけは謎の力で全員無事、なんて納得出来ないですよ。例えば麗華BADENDは、麗華は死んでしまいますが、体はキレイなもんです。ボロッボロに犯されてても不思議じゃないのに。禁止区域の非情な世界観なんて微塵も表現されないまま完結しちゃってるんですよねえ。
 
 海斗がアキラみたいな処女厨で、彼の精神安定上そういう展開にしたっていうならまだわからんでもないですけど違うじゃん。女の過去には拘らない性格だし、それどころか、過去に数え切れない程の女をレイプしてるような表の人間からみたら極悪人ですよ。朱美みたいな被害者が今後何人現れたって不思議じゃない。
 
 
 うーんなんだろうな、私個人の考えで恐縮なんですが、ゲームコンセプトとして、本作みたいにヒロイン側に貞操を護らせるのならば、主人公もそれを護るべきだと思うんですよ。主人公とヒロインは対等であるべき。だからどのルートでも薫とのHシーンが回避不可なのは好きじゃない。主人公が攻略中のヒロイン以外に手出しするのはOKで、逆はダメっていうのは平等じゃないですよね。
 
 もちろん、「キャラを非処女にしたいと言ったらシナリオ降ろされた」なんてネタスレが立つぐらいに、ユーザーの反感を買うのが怖い業界なのは百も承知です。本当に気持ち悪い風習ですけど、世間様から見て気持ち悪い業界なのだから無理もないのかもしれませんw
 
 
 本作に言うべき問題ではないですが、そういうシナリオ上不自然ではない展開ですら受け入れられないのなら、なんの悲しみもない萌えに特化した学園モノとかだけやってりゃいいんですよ。なんで自分に合わないジャンルに手を出して、文句言ってるんだろう。
 緊迫感や喪失感、リアリティだとかを求めてプレイしている人間の邪魔だけはしないで欲しい。萌え特化ゲーがダメだっていってるわけじゃないですよ?色々なゲームがあっていいというだけなのに、ハードボイルドだったり、エログロだったりするゲームの登場人物すら全員処女なんていうリアリティのカケラもないナンセンスなシナリオにさせちゃうバカなユーザーがダメなんですよ。
 それに従っちゃうメーカーにも問題はあるでしょうが、売り上げが下がったり、HPが炎上したりというリスクを考えればやむを得ない部分はあるでしょう。
 
 
 
・・・ちょっと本作に関係ない愚痴がヒートアップしちゃいましたね。申し訳ないですw
そろそろ総評です。
 
 
 
総評
 
 キャラの掛け合いが面白く、日常シーンが楽しければいいのよ、または無敵の主人公を見て俺Tueeeな気分に浸りたい方にはオススメ。各ヒロインや、脇を固めるキャラクター達も非常に魅力的。その反面、誤字脱字やシステムがボロいことと、シナリオが限りなく薄いこと、3作目に関してはグダグダでやっぱり薄いシナリオという点が問題です。
 
 先に述べたような部分を楽しみたいだけならば、3作目をプレイする必要はありません。1,2作目をプレイして、残った伏線がどうしても気になる人や、まだまだこの世界に浸り足りない人には3作目もオススメ出来ます。
 
 それにしても本作のライターさん・衣笠氏のギャグセンスは結構フィーリングが合ったので、今後も注目したいですね。今作の様々な問題は一重に彼の作業に比重が寄りすぎて、パンクしたような背景もあるよう(あくまで噂程度ですが)なので、もし彼がシナリオ執筆のみに集中出来るような環境だったら素晴らしい作品が出来るような気もします。
 
 ツキの声優さんって俺つばのえーりんと同じ人だったのか・・・。うむり、通りで気に入るはずだw


 

拍手

PR
≪  256  255  254  253  252  251  250  249  248  247  246  ≫
HOME
Comment
無題
8割文句でワロタw
処女と非処女なら処女のほうが尊いんだから仕方ないね
NONAME 2017/03/13(Mon)03:15:32 編集
Re:無題
コメントありがとうございます。
すみません、本当に設定や日常シーンは最高のゲームなだけに
色々文句言いたくなってしまうんですよね・・・。
2017/03/21 12:23
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Calender
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Latest Comment
[06/04 ネクサス]
[05/21 スウェル]
[04/04 無題]
[03/13 NONAME]
[03/13 NONAME]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]