忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
ニトロプラスより続・殺戮のジャンゴの感想です。
 

総評:7点



今回は、沙耶の唄以来の
久しぶりの虚淵玄氏のシナリオ。

ということで、感想です。
CG、演出、BGMともに文句なし。
流石に高いレベルで、構成されています。

シナリオのボリュームは正直かなり短い。
その上に一本道ですので、オールコンプリート含めて賞味6時間程度。
ですので、ちょっとした映画感覚で楽しめます。


で、肝心のシナリオ。

今回は、西部劇+SFって感じ。
舞台は西部劇そのものなんですがね。

最初、主人公が誰なのか分からなかったんですが、
最終的には、イライザ、ブロンディ(名無し)、リリィの
ヒロインズ3人が主役だったんですねえ~。
視点がコロコロ変わるので、最初はとまどうかも。

基本的には、爽快西部劇アクションADV。
割と舞台は悲壮感が漂いそうな設定なんですが、
イライザ達の性格のせいか、皆無に等しいです。
かなりサバサバしたテイストのゲームです。

ヒロインズも皆割と淫乱なので、
暴力シーンとかも特に悲壮感とか感じず。
実際平気ですしねw
「胡桃割人形」とか逆に怖いわっ!w

で、シナリオ終盤は、騙し騙され合いながら、3人協力して、
3VS400というド派手なウエスタンアクションを見せてくれます。


そして、締めは結構いいお話で幕を閉じます。
ずっと「黒のフランコ」という名前を利用して、
生きてきたイライザが、子供の頃の夢を思い出し、
「黒のフランコ」として、伝説の英雄として、
生涯を終えようと決意する。

檻に向かって歩いていくイライザには、
ちょびっと感動。

まあ、その後は、ブロンディに美味しいところを
全部持ってかれてるわけですが。

全体的に見るとやっぱり、
ブロンディが主役だったようにも感じます。
盛り上がったシーンといえば、
ウェルズとの決闘シーンぐらいでしたし。
全てを明らかにし、本物の「黒のフランコ」に引導を渡すのも、
ブロンディでした。

ということで、ボリューム不足だったのは不満でしたが、
そのおかげで、かなり映画に近い出来になっていたような気がします。

エンターテイメント性という意味では極上。

深いことを考えず、
気楽に楽しみたい人は是非。

拍手

PR
≪  124  123  122  121  120  119  118  117  116  115  114  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  124  123  122  121  120  119  118  117  116  115  114  ≫
HOME
Calender
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 24 25
26 27 28 29 30 31
Latest Comment
[03/13 NONAME]
[03/13 NONAME]
[02/11 NONAME]
[01/11 DebbiWect]
[11/25 にんじん]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]