忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007

最近ちょうど近場で放映されるようになったのでいってきました。
しかしもうFate発売から6年にもなるんですねえ・・・。

まだかー。月姫完全版まだかー。

というわけで早速ネタバレ感想。




一言でいっちゃうと非常に出来の良いMADアニメでした(ぉ

正直TV版のFateの出来を見ると、きのこ作品の映像化って
実はもの凄く難しいのかなーという印象が強かったのですが、
空の境界で、頑張ればなんとかなる!ということが分かりました。

ものすごいダイジェストという評価程度は耳にしていたものの、
せっかくだから・・・ということで見に行きました。

結果は・・・うーん頑張ってるのはわかるんですよ、わかるんですが・・・。
やはり2時間程度にあの作品の1ルートを納めるのはかなり無理がありました。
結局今作のように超ダイジェスト版を作るか、全く別物を作るかって2択になっちゃうのかなー。

とりあえず、Fateプレイ済みの人以外は見てはいけません。
完全にファン向けの作品であると思います。
正直6年前にプレイしていて、かつかなり好きな作品だった私でも、
映画の目まぐるしい展開にちょっとついていけないことがしばしば。
凛のプロローグ~セイバー降臨までなんてあれ?予告篇だっけ?ってぐらいの超スピード。
ランサーに見つかって殺された士郎in学校の次のシーンは凛が生き返らせていて、
その次のシーンはランサーに蹴り飛ばされている士郎in士郎の実家。
・・・いやもう初見の人は何が起こっているかさっぱり分からなくないですかね?w

聖杯戦争のルールやサーヴァントについての説明もおざなりどころか殆ど無いので、
ノリと想像で楽しむことしか出来なくなっています。

アーチャーの正体についても本来はこれがUBW篇のキモとなる部分でしたが、
サーヴァントは基本的に過去の英雄が召喚される。
→実は未来の英雄さえも召喚されることがある。
→アーチャーは未来の英雄となった士郎だった。
上記の説明も流れもないため、唐突にアーチャーは未来の士郎だった、という
事実だけ突き付けられる感じで、衝撃とか感動の前に唖然としてしまうのが普通の感情でしょう。

アーチャーの真名が分からないとか言われても、他のサーヴァントの真名も
殆ど判明してないのでだから?って感じですしね・・・。一応キャスターだけは出ましたか。
そもそも真名の説明もないですしね・・・w

んーというか原作からしてUBW篇はFate篇の知識がある前提でプレイするものですし、
原作にもその辺の説明はされてなかったかもしれませんが・・・。
とはいえ、一本の作品として発表している以上はある程度は単体でも楽しめるようにするべき
だったとは思います。

あとは演出ですかねー。
これは原作プレイ時の脳内再生と映画版の演出に食い違いがあっただけなので、
個人的な問題かもですが・・・。

最大の見せ場である士郎VSアーチャー戦は・・・なんというか
私の中では実際にしゃべりながら戦うというより、
心で対話しながら剣戟を重ねているというイメージだったのですよねー。
過去の自分と理想の自分であるからこその演出というか。
動画的にはグリグリ動いて良かったんですけどねー。
ところでこのシーンって横でセイバーが見てたんでしたっけ?
全然記憶になかった・・・。

あとはどこかのサイトでも言われていた気がしますが、
VSギル戦での、いくぞ英雄王、武器の貯蔵は十分か?もなんかなー・・・。
あれは固有結界を発動させた士郎が、心は熱く、頭は冷静にって感じで
クールに、かつ嘲るように言うところでしょう・・・。
武器の貯蔵は十分かぁーーーーー!ってのはちょっとw
いきなりギルが英雄王とか言われても初見組はもちろんサパーリですしね。

そもそもあそこって剣持ってギルとやりあったりってしてましたっけ・・・。
ギルの油断は仕様なので語るべくもないですが、
UBW発動させたのに、拾った剣1本で戦うとか・・・発動した意味あるのかしら。
とりあえず原作で実際どうだったのかが全て遠き理想郷なので、
もう一度あらためてプレイする必要があるな・・・。
ギルが死んだ理由もよくわからん・・・というか忘れました。
セイバーがあそこで消えてしまったのは聖杯の力で顕現していたから?で良かったですかね。

ああ、あと士郎の詠唱が英語だったのがなあ・・・。
あそこは日本語でしょうよ士郎的には・・・。

いやーでも散々言っておいてあれですけど、6年ぶりですが、やっぱりいいですねえFateの雰囲気は。
皆かっこいいし、好きですねー。冒頭のバーサーカー戦もなかなか。
あの巨体であのスピードを誇るバーサーカーは正に最恐のサーヴァントって感じが出てました。
あとはランサーの兄貴。見せ場は大体あったので、
劇場版では一番評価が高かったかな―個人的に。ゲイボルクVSローアイアスも良かったし、
凛救出のシーンもカッコ良かったなあ・・・。
言峰はちょっとあっけなさすぎだったかしら・・・w
シンジ君は外道ぶりがアップしてて良かったですねw

んー後はこれは原作でもその嫌いがあるのですが、
正ヒロインである凛がかなり空気・・・。
シンジ君に襲われそうになるシーンとかはちょとエロかったし、
けだものぉー!のシーンも破壊的に可愛かったのですが、
正直士郎との絡みが少なすぎるんですよねえ・・・。
仕方ないとは言えなんだかんだで凛も不遇よな・・・。


総評としては最初にも言いましたが、完全ファン向けの公式プロモーションビデオ。
とりあえず、ほんとに作画(特にバトルシーン)については文句無しなので、
MADを見に行く感覚で行くのが吉かなーと思います。
6年ぶりにFateやりたくなったのならそれでいいじゃない!

拍手

PR
≪  138  137  136  135  134  133  132  131  130  129  128  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  138  137  136  135  134  133  132  131  130  129  128  ≫
HOME
Calender
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Latest Comment
[06/25 ルブタン コピー 靴 ソール]
[06/25 chrome hearts スーパー コピー]
[06/25 ルブタン コピー 財布 ハワイアン]
[06/24 ルブタン コピー 財布 アイボリー]
[06/24 人気のルブタン 財布 コピー]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]