忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007


Navelより俺つばのファンディスクです。
本編をやってないと真に楽しめないので本編プレイ必須。
遅筆で世間でも評判の王雀孫氏の新作が、
まさか延期もせずに楽しめるとは・・・奇跡的です><
シナリオ補佐の方には足を向けて寝られませんね。


内容は本編の後日談。

タカシ編、鷲介編、隼人編、ぱね田編、
それぞれの本編のその後を描いた後日談がメインで、
他はショートストーリーの詰め合わせですね。

ボリュームが足りないのが玉に傷ですが、
相変わらずの王雀孫節で往年のファンには
期待を裏切らない出来かと。

以下感想。
 



タカシ編は基本的にイチャイチャして終わり。
後日談のため、タカシもクラスに馴染めていて、
羽田班も仲良い感じなので、本編よりも気楽にプレイ出来ます。

ワタライナーさんがいつも以上に乙女です。
ファンディスク単体でいうなら明日香様ダントツだなあ。
可愛さも面白さも。
出番多いし、割と単体で笑わせてくれるし。
そして俺たちのハリューは完全にエロゲーキャラに・・・w
というかかなり丸くなりましたよね、ハリュー。
 

鷲介編も同じくイチャ甘ラヴい。
日和子さんも割と日和ってきて(ぉ
アレキサンダー店内緊縛Hとか許容しちゃうぐらいですw

鷲介編では、一つだけヤマ場があります。
人格が鷲介として収束されたことによる、
明日香の割り切れない思いを発散させるために、
悪人を演じる鷲介はカッコ良かったぞっと。
多分この強さはタカシや隼人から受け継いだんでしょうね。
明日香があそこまで激情に駆られることは殆どないし、
作中一番印象的なシーンだったかも。

その後のアレキサンダーメンツの気遣いもいいなあ・・・。
ちょっとあざとかったけどネ。やっぱり2章の雰囲気は好きだ。

ところで日和子さんってあんなに夢見る少女チックだっけ・・・?w
可愛いので許しますけど鷲介の真似は流石に出来ないなーと思う次第です。
鷲介のスラスラ出る気障な台詞と気遣いに愛を感じるわー。


隼人編も同じくラヴュいのですが、
こちらはエージ関連でひと悶着あります。
麻薬っぽい白い粉の入ったバッグの預かりを頼まれてしまう隼人。
色々な伝手を頼って最終的にはカケルに貸しを作ることになりましたが、
バッグを狙うヤクザのチンピラとなんやかんやあったり、
でもなんとか隼人もエージも無事で済みましたとさっていうお話。
本編でもそうですけど隼人編は良い意味でこういうキナ臭い展開があって、
飽きさせませんよねー。面白かったです。

あとHシーンで笑わせてくれるのは鳴だけ!
最後とかもう鳴の思考回路についていけないっつのw
柳木原!フレイムバァァーズ!とかやかましいわw
あー鳴も面白いなあ。

ところでプラチナの出番が0だったのは何か大人の事情があったのかしら・・・w


そしてぱね田編。

ここはやはり明日香様との漫才が面白いなあ・・・。
意外に小鳩も笑わせてくれたので株アップですね。
早起きは二束三文の得、とかw

森里君いじりも本編に増して非道になってるし・・・
好きなんだか嫌いなんだかホントにわからんw
あれでよく友達やってられるよね、偉いわ森里君。

あと今回のしましまハンターMASATOの犠牲は、
恐らく誰も予想しなかったであろう高内さんでしたw
ファンディスク中では高内さんのタカシいびりとかがないので、
普通に良キャラになってますねえ。

ラストは、一応本編の唯一の謎、というか未消化部だった、
フリッキー5のヨッくんとの対面が待っていました。
本編では明確にはされていませんでしたが、
今作でははっきりと自分の父なのだろうという描写があります。

新たな事実としては、DIDの体質は遺伝によっても
起こりえるという噂が存在するらしいこと。
つまりヨージの母親を捨てたのはヨっくんの違う人格であり、
本心からではなかった、誰も悪くなかった可能性が示唆されたわけです。

ただ本編でそうだったように本当の父親に関しては、
ヨージは特に重要とは考えておらず、
対面の後も連絡を取り合うこともなくさっぱりとした
関係を続けたみたいですね。

 

んーそれと個人的な意見としては、
今回は主人公がフルボイスなわけですが、
オフにした方が楽しめた感じがあります。
特にぱね田。次いでは鷲介かな?

決して声が合ってないとかいうわけではないんですけど、
王氏独特の主人公の台詞とかにボイスが付くと
ちょっとオーバーだったり弾けが足りなかったりで、
若干の感覚の違いを感じて冷める時があったんですよね。
ほら、字面オチとか多いですし?

特に王氏の色が濃いのがこの二人ですので、
少し気になりました。鷲介はともかくも
ぱね田が一番キャラ的に壊れた言動をするので、オフ推奨かなーと・・・w

むー女性陣には全然違和感ないのになあ・・・なんでだろう。
逆に単体でそれほど面白い言動をしないタカシ、
言動自体はぶっきらぼうでそこが面白くもある隼人、
なんかはボイスがあった方がいいぐらいだったんですよねえ。
どこで差がついたのか・・・慢心、環境の違い
狩男やおれたちのハリューも絶対ボイスあったほうがいいしね。


ショートストーリーは10分程度の短いものから、
1~2時間のまともな長さのものまでピンキリ。

お気に入りは聖なる日の狩男とあおじょ!ですかねえ。
もう狩男は全編飛ばしまくりで、かなり笑えました。
マスター面白過ぎるわ。でもなんだかんだいっても
皆に慕われてるのがマスターの漢っぷりを示してます。
道化としての能力は鷲ちゃんを遥かに超えてますよね。
道化っていうかただの本能かもしれませんけどw

あおじょ!は鳴とコーダインのだるっだるな日常を描いたショート。
これも独特な雰囲気でかなり笑えましたw
ホントにどーしようもなくどーでもいい日常。

主人公の存在が無くなると途端にギャグパートが
色褪せちゃう作品って少なくないんですけど、
流石俺つばは違う!マーベラス!
俺つばはほんま良いキャラ揃いやで・・・。
というか鳴が面白過ぎる・・・w


リンダ主役のショートもなかなか良かったですね。
私はプレリュードをプレイしていないので、
いまいち林田のキャラを掴めていなかったのですが、
こんな面白いキャラだったとは・・・w
日和子さんの友達っぽい口調もなんか新鮮。

あとはカルラの出番が少なすぎて、予想通りで全私が泣いた。
まあぱね田異聞録みたいに完全に別の話になっちゃうから
作りにくかったのかもしれませんけどね。
でもカルラにも平等に接する小鳩ちゃんマジ天使。


ファン心理として一番面白かったのは五人五色ですかねやっぱり。
こいつとこのキャラが遭遇したらどんな会話になるんだ?的な
2次創作的妄想を大体叶えてくれます。
ああこの主人公とこのヒロインはくっつくべくしてくっついたんだな、と。

ただ異聞録として表現されちゃうと今後を考えるとちょっと
憂欝な気持ちになっちゃうので、
あくまでぱね田が爆誕後、自分の過去と向き合うまでの間の
話にしてもらいたかったかなーと愚考。
ほら、劇場版ドラゴンボールみたいにね(?

大体のキャラを捌けると思っていた鷲ちゃんが
苦手なキャラが多かったのが意外でしたねえ。
ぱね田のせいでアレキサンダーでの立場が急落気味な
鷲ちゃんは哀れよのう。

 


さて総評としては、メイン部分のボリュームが足りないものの、
全部合わせればそこそこのプレイ時間にもなるし、
テキストが相も変わらず面白かったので、個人的には及第点。

王信者なら買って損はしないと思います。
とはいえフルプライスはちと高過ぎだと思うので、
出来れば半分ぐらいに・・・。
あーでも例えいくらでも代替が効かない面白さを持ってるからなあ・・・。
惚れた方の負けって感じがしますw


あ、そういえば今回山科俊郎の出番も結構多かったですね。
ぱね田編では羽田家に招待までしたし。
彼にも大いに笑わせてもらいましたw

んー今作は羽田班の出番が多くて、
アレキサンダーメンツとYFBの出番が少なかったのがちと残念だったかな。
1章のテコ入れでしょうかねー。
 

拍手

PR
≪  143  142  141  140  139  138  137  136  135  134  133  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  143  142  141  140  139  138  137  136  135  134  133  ≫
HOME
Calender
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Latest Comment
[09/28 R]
[06/04 ネクサス]
[05/21 スウェル]
[04/04 無題]
[03/13 NONAME]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]