忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
うえお久光氏著のライトノベル・紫色のクオリア。

各所で絶賛されていたので、すぐに買ってきたのですが、
実際に読むまでにかなりの時間が経ってしまいました。
が、ようやく読了したので忘れないうちに感想をば。

とりあえず何故もっと早く読まなかったのか
後悔するほどの作品でした。

内容は、人間がロボットに見えてしまう不思議な目を持った少女・ゆかり。
その少女が大好きで友達であり続けようとする波濤学(♀)を主人公とした、
壮大なスケールで描かれるSFガールミーツガールなのです。

この作品の魅力を語るのにネタバレせざるを得ないのが、
非常に辛いですね・・・。

当たり障りのないように言えば、
クオリアという日本語で感覚質と訳される言葉をテーマにした、
本格的なSF小説であり、かつライトノベル的な要素も持ち合わせている
稀有な作品。
特に2章「1/10000000000のキス」の展開には、誰もが驚くと思います。
そして話のスケールが正に無限大に広がった後、
収束するのはクオリアという一点であるという綺麗なまとめ方。

とりあえず、ハヤカワとかの本格SFにはちょっと手が出ないけど、
量子論とか並行世界とかシュレディンガーの猫とか大好きな、
ライトなSF好きにはたまらない一品です。(主に私のような)
もちろんヘビーなSF好きにもオススメ出来るとは思いますが。

というわけで以下はネタバレ全開。


まあネタバレしてもそこまで価値が下がる作品ではないとは
思いますが、やっぱり予想を裏切ってくれる作品は良いものですよね。

本当はこれが2章から壮大なスケールのSF作品になっていくことすら
知らないで読んで欲しいぐらいですし。
事前情報完全シャットアウトして、ただ面白いという情報だけで、
読み始めた私でしたが本当に正解だったと思います。

でも人に薦める時、これ面白いよ!だけだと説得力に欠けるし、
作品の内容に少なからず触れるのはやむを得ない気もします・・・。

にしても本当に読んでて興奮しましたねー。
最初は単純に毬井ゆかりについての解説のみ。
なるほど、このゆかりの目についての謎を解いていく話になるんだろうなーと
浅はかな予想をしてましたが、良い意味での裏切り。

人間がロボットに見える女の子を助けるために、
普通の女子中学生が己の力のみで神に等しい存在にまで
のし上がっていくなんて誰が予想出来たでしょうかw
文章力どうこうよりもこの発想の飛躍が非凡過ぎる・・・。

まあ正直全然普通の女子中学生ではないとは思いますけどね、学は。
いくら大好きな友達を助けるためだからってあそこまで出来るかってなもんです。
無限の可能性の中で、幾人もの人間を愛し、憎み、殺し、
波濤学であることすら放棄してただひたすらにたった一人の少女を救うために奮闘する。
134億年の月日を待って神に等しい存在になっても、
ゆかりの運命を変えることは出来ず。

そんな人生に耐えられる精神持ち合わせてる人は絶対普通じゃないですよねw
流石はゆかりをして最強の汎用性と言わしめた波濤学です。

ああ、でもゆかりと出会う前の学は平凡だったのか。
ゆかりと出会って、左手の携帯があって初めて、
学は過去も改竄して心身も鍛えたし、精神力も超人になったわけで。
やっぱりこの物語はボーイミーツガールならぬガールミーツガールなんだなあ。


そしてゆかりの運命を変えた(変えたんですよね・・・?きっと)のは、
学が勘違いしていた他人と同じクオリアを持つことは出来ないという事実。

ゆかりの目が特別な訳じゃない。
この世に同じクオリアは存在しない、赤いものを「赤い」と感じるその感覚は、
自分だけのもので、他人とは絶対に共有出来ないもの。
大事のなのはそこで諦めて思考停止するんじゃなくて、
伝わらなくても伝えようと努力することで生まれる関係。

その「関係」を持ったIFの学とゆかり達は、きっと運命に打ち勝って、
みんなで幸せに3年生を迎えたんだろうなーと勝手に想像しています。

この本格SFのように風呂敷を広げるだけ広げたにも関わらず、
最後はすごく穏やかで当たり前な日常に着地して物語の幕が閉じるのが、
たまらなく心地よいのですねー。
欲を言えばゆかりの決定されていた死を乗り越えるところまで描写して欲しかったですが、
流石に野暮ってもんでしょうしね。

とりあえずこの作品に出会えたことに感謝を。
うえお久光氏の他の著書にも興味が出てきましたね・・・。


拍手

PR
≪  141  140  139  138  137  136  135  134  133  132  131  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  141  140  139  138  137  136  135  134  133  132  131  ≫
HOME
Calender
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Latest Comment
[09/28 R]
[06/04 ネクサス]
[05/21 スウェル]
[04/04 無題]
[03/13 NONAME]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]