忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
CLANNAD 第19話感想です。

アバンでは生徒会長になった智代の提案により、
幸村先生を兼任として合唱部と演劇部の活動を許可するというもの。

演劇部室にてささやかなお祝いをする演劇部一同。
杏も表情に少し陰りがありますが、朋也のことは吹っ切れた模様?
夏休み前の学園祭に間に合うよう、渚は頑張ることを決めます。

・・・夏休み前に学園祭って、結構珍しい学校ですねw
まあここを夏休み後にしてしまうといろいろと問題があるのでw
出席日数多すぎで、渚が卒業できちゃったり・・・


で、本編。
担任から進路相談のため、家庭訪問をされることに。
逃げようとしますが、渚につかまって連れ戻されます。

家まで訪ねますが、朋也の父親は留守の模様。
中で待たせてもらうという担任。
結構この担任の先生もいい人ですよね。

またバックれる朋也でしたが、またしても渚に連れ戻されますw
このあたりかなり渚が活発な女の子に見えます・・・w
性格が変わったかのようですが、これも強くなった、ということなんでしょうか。

連れ戻された家の前では、朋也の父親と担任が話していました。
ですが、朋也の父親、直幸は朋也のことは朋也が決める、
私が言うことは何もない、と、まるで自分とは関係のない人間かのように振舞います。

その様子を見た渚は、帰り際、朋也を自分の家に来ないか?と誘います。
一度距離を置いたほうがいい、家族ならば寂しくなってお互いのことに気付くはずだ、と。
渚の申し出に、少し考えた朋也は、頷きます。

さよなら、父さん。 直幸に別れを告げる朋也。

そして始まる古河家での生活。
和やかな家庭に少し戸惑いを覚える朋也。
登校の時も自然に送り出してくれる古河夫妻でした。

演劇部の方も幸村先生から指導を受け、少し役割分担も進んでいる模様。
春原がいつも通りバカをやって殴られましたがw

学校から帰ると、朋也が使っていた客間は、
子供たちに占領されていましたw
実は早苗さんは古河塾の先生も兼業していて、
この客間は勉強室にも使われているようです。

なっちゃんが、観鈴ちんだったのは気のせいでしょうかw

朋也の部屋を訪れる渚。
何気ない会話から、渚は両親に何か謝らなければいけないことがある、と打ち明けます。
それが何かは分からないが、とても大事なことだったと。

久しぶりに春原へ訪れる朋也。やっぱり一番落ち着く様子w
そして渚と同棲中ということがばれてしまいますw

別にそういう関係なわけじゃないと否定する朋也ですが、
一緒に住んでいてなーにいってるんだかと呆れる春原。
客観的にみたら、全くその通りですよね、ホントにw

あーあー渚ちゃんも可哀想にね~と春原。いいぞ、もっと言えw

幻想世界は最後に描写されました。
「僕」がガラクタを集めて「僕」のような存在を増やそうとするお話。
少女の解釈は少し異なりましたが、一緒にガラクタから何かを作り出そうとする二人。

次回。「秘められた過去」です。

来週はピクニックか・・・。
ここでもまだ付き合わないままなんでしょうかw

そういえば、全22話であることが判明したみたいですね、クラナド。
ということは、次の次で、演劇、その次は朋也卒業でエンドか・・・。
やはり巷で言われているように、第2期アフターがあるのは間違いなさそうですね。
アフターストーリーをやらずにクラナドが語れるはずも無く。

拍手

PR
≪  106  105  104  103  102  101  100  99  98  97  96  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  106  105  104  103  102  101  100  99  98  97  96  ≫
HOME
Calender
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Latest Comment
[09/28 R]
[06/04 ネクサス]
[05/21 スウェル]
[04/04 無題]
[03/13 NONAME]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]