忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
クラッシュ・バンディクーなどで有名なNaughty Dog開発SCE販売の作品。特にアンチャーテッド2、邦題では黄金刀と消えた船団というサブタイトルがついていますが、こちらの作品は圧倒的なグラフィックとストレスのない良質なアクションを携えてGOTYに選ばれたそうですね。



インディー・ジョーンズやハムナプトラのようなトレジャーハンターの冒険活劇を描いたシナリオでそれ自体には革新的な要素はありません。しかし下手な映画を凌ぐ映像とダイナミックな演出、殆どロード時間を感じさせないシステムによって正に映画の世界で遊んでいるような感覚にしてくれるゲームです。

キャラクターも魅力的で主人公のネイトは軽妙なトークと持ち前の正義感で物語を引っ張ってくれます。個人的にはサリーがお気に入り。2では出番が少なかったので次回に期待したいところです。日本版は吹き替えなんですが、最初から日本語で作られているかのような熱演で、日本人としては字幕よりも吹き替えで楽しむのがベターかな、と思いました。


1のエルドラドの秘宝も名作ですが、2の黄金刀と消えた船団では1の不満点を改良してくれていて、かつグラフィックも向上しているので2の評価の方が高いのも頷けます。

1では、シナリオ進行の中で戦闘回数が多すぎることや、グレネードの使いにくさを感じていましたが、2ではそのあたりバランス調整されていました。さらにメタルギアソリッドシリーズのようなスニークアクション、敵に見つからずに倒すモードがあり、個人的にはこれが一番楽しかったですね。あくまで要素の一つであり、メタルギア程のシビアさがあるわけではないですが、映画的な楽しさを追求する本作ではこの程度で十分だろうな、と思います。

現時点で私がプレイしたPS3のゲームの中で、グラフィックにおいてはゴッド・オブ・ウォー3がダイナミックで素晴らしいと思ったのですが、あちらは神話世界のファンタジックな映像美でした。対してこちらのアンチャーテッドは現実的な世界観の中でのリアルで臨場感溢れるグラフィックであり、その意味においては最も優れているといっても過言でない出来だったと思いました。


見た目が洋ゲーチック、というか洋ゲーなんですがそれで倦厭してプレイしない人も結構いると思います。パッケージも地味ですしねw アクションなどのゲーム性としての革新的な要素もないのですが、PS3というハードの性能を引き出したゲームの進化を楽しむには最適の一本かな、という作品です。PS3を持っている人は須らくプレイするべき。

拍手

PR
≪  205  204  203  202  201  200  199  198  197  196  195  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  205  204  203  202  201  200  199  198  197  196  195  ≫
HOME
Calender
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 23
24 25 26 27 28 29 30
Latest Comment
[06/04 ネクサス]
[05/21 スウェル]
[04/04 無題]
[03/13 NONAME]
[03/13 NONAME]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]