忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
 てぃ~ぐるよりレミニセンスです。新規ブランドですが、あかべえそふと系列らしく、スタッフは使い回し?みたいな感じなのでしょうか。この系列はブランドが多すぎてよく分からん。

 何を置いても本作は、暁の護衛の衣笠氏&トモセ氏による新作というのが大きいですね。・・・まあ期待と同時に不安を覚えた人も多いでしょう。


これは遠い未来のストーリー。 
主人公『島津秀隆』は臨時教師として近くの女学園に通っていた。 
将来に大きな希望を持つわけでもなく、生活のためにただ毎日を送る。 
そんな日常の中、外交は大きく動き出そうとしていた。 
新しい地区の開発を進める2つの街が、互いに場所をめぐり対立。 
交渉の最中、主人公の住む街は劣勢を強いられ、開発地域を独占されそうになる。 
恩人立っての願いもあり、地区開発の現場に参加することになった秀隆は、 
古びた施設の発見に至る。そこには、長い歳月眠り続けていた一人の少女の姿があった。 
この少女との出会いが、秀隆の運命を大きく左右することになる。

以上、あらすじ引用。


 まずはグラフィック。相変わらずトモセシュンサク氏デザインのキャラクターはエロ可愛くて魅力的ですが、今作は暁の護衛の時と比べても立ち絵がかなり洗練された感じがしました。惜しむらくは全体のプレイ時間に対してイベントCGがやや少ないこと。Hシーンは多いですが、私的にはそれを減らしてでもイベントCGや立ち絵の種類を増やして欲しかったところですね。出来自体は満足です。



 次にシステム。うーん正直ここはあまり改善されていない印象。お家芸なのだろうか。誤字脱字が多いのはシナリオの問題点としても、急に音声が出なくなるシーンがあったり、喋ってる人物の名前がコロコロ変わったり、明らかに場違いな背景シーンが使われたりともうちょっとチェックして欲しかったなあ。パーティ会場での希望との会話シーンとかも酷いですよ。コンフィグ周りは特に不満点はないだけに残念ですね。



 で、シナリオ自体の前にテキスト。ここは相変わらずの衣笠テキストで、下ネタが多いことはともかく面白い。主人公の秀隆も海斗に比べるとヘタレ属性持ちの弄られ役になることが多いですが、無類のおっぱい星人で、それなりにヒロインにも攻めてくタイプですので面白おかしくプレイすることが出来ました。いやーやっぱり衣笠氏の日常シーンは面白いです。今作はメタネタが若干多めでしたねw





 そして肝心のシナリオ。共通ルートが長く、各ヒロインに関わる特務官としての仕事をこなしつつ、最終的に主人公と秋の過去、違法アンドロイド問題、地下世界の秘密に迫っていく感じですね。共通ルートが15~18時間、個別ルートが短く1~2時間。おまけが3時間程度で、合計25~30時間程度でしょうか。ボリューム的には満足出来る内容です。



総評:7点



 以下完全ネタバレとなりますので、ご注意をば。暁の護衛のネタバレも含みます。

 









 とりあえず率直な感想から行きますが、面白い!面白いんです・・・が、またしてもというか明らかに罪深き終末論チック。はっきりいって中盤までの面白さは傑作レベルといっても良いです。衣笠氏お得意のギャグによって退屈せずに日常シーンを謳歌しつつ、シリアス部分も初期から無駄な描写を一切せず、伏線を綺麗に回収して各エピソードを上手くまとめています。
 特務官という主人公の特性上、知略や人脈、交渉術、運、そして秀隆の天性の勘によって事件を解決していく様は、海斗のような圧倒的な力で解決というのとはまた違った魅力と爽快感があります。
 
 共同開発区域の落札プロジェクトのような、秀隆にしか成し得ない偉業を遂げ権力者に認められながらも、目的を達することは出来なかった、みたいな展開もあって、完全無欠の主人公という感じではないのが、逆に好印象でしたね。

 私的には主人公として秀隆の方が好みでした。基本的には優秀で魅力ある人物なのに、妙に人間臭い。ヒロインに対してもちゃんと自分から好きになって、行動を起こすタイプですしとても良い。希望ルートみたいな暴走しちゃう時もありますが、可愛いもんです。

 


 対してヒロインズも、暁の護衛に負けず劣らず魅力ある人物ばっかりで良いですね。凛が散々非処女ぶってたのに処女だったとかですよねーwwとしか言えなかったですが、まあ処女バレした後が可愛いので良し。そもそも衣笠氏なんだからヒロイン中に非処女なんているわけがないっつーのね。
 

 希望は・・・本作中では他のヒロインと比べると印象が薄いですが、秀隆との曖昧な関係とキスした後の展開は結構好きです。オッサンのしぃ~まづぅ~が全部持って来ましたけどねw オッサンも最初はラスボスなのかと思ってましたがなんだかんだで結構微笑ましい人ですよね。


 秋、アクセラ、キズナを含めた家族会話はほっこり出来ますね。主にキズナのおかげなんですけど。
 秋はヤンデレ風味でしたが・・・個人的にはいくらヤンデレだからといって、友達まで蔑ろにするタイプはあまり好きじゃないんですよねえ。友達も1人もいないで、誰にも迷惑もかけず、主人公の力だけで事態が解決したのならまだ分かりますけど、秀隆との絆を取り戻せたのって色んな人の助けがあったからなのを忘れんなよ、と言いたい。


 アクセラはなんだかんだでどストレートな純愛。アクセラからの辛辣な扱いは、暁の護衛のツキを思い出しますが、これを言っちゃあなんですけどくっつく前のが楽しいんだよなあw いやまあデレたアクセラが可愛いのは勿論ですが、もっと秀隆を弄ってほしいなあとw


 キズナは、耳年増のエロ幼女という感じでしたが・・・まあ下ネタに精通してるのは風俗街育ちだからでしょうね。髪の色が暁の護衛時と変わってるのが少し気になります。明け透けでいまいち何考えてるのか分からなくて、あまり秀隆と恋愛してる感じがなかったのがちょっと残念ですね。




そういう感じで中盤までの共通ルートは、キャラの魅力とシナリオの妙で、面白く出来ていたと思います。問題は後半&個別ルート。



 レミニセンス後半のプロジェクトでは、秀隆が達成のために、色々工夫するのではなく、交渉相手に確約出来ない貸しを作って助けてもらうだけ、という展開が目立ったのが気になりました。大河内代表をもう絵が書けない画家を連れて行って騙したところなんかは策略として良いと思うんですが、和葉に恭一を気の済むまで検査させるとかあの時点で約束出来るようなことじゃないし、結果的に恭一が承諾したからいいものの交渉自体はその場しのぎに過ぎませんしね。




 
 個別ルートはまず非常に短い。一応本作のシナリオタイプは、脱落ものに近いのですが、一人目の凛までの共通ルートがかなりあります。しかし前半のストーカー事件自体が凛ルートの一部だと思えば、別段個別ルートが短いことは問題にはならないと思います。実際個別ルートなんて殆ど無い車輪の国やユースティアが高評価を受けているわけですからね。その辺りは希望ルートも同じくです。


 私的には、その後のメインヒロインといって良い、秋とキズナの個別ルートが微妙だったのが頂けないんですよねえ。秋ルート自体は、ヒロイン中最も長い個別ルートであり、主人公の過去と密接に関わるため、それなりに内容も濃いのですが・・・う~んなんとなく釈然としない。

 なんかもっと壮大な事件に巻き込まれたんだと思ってたんですよね、秀隆と秋って。そこで互いに憎まざるを得ない状況に陥ってしまった、みたいな。
 蓋を開けてみれば、母親を自分の我侭で失ってしまったというトラウマがある秋は父親が秀隆の姉と再婚することによって秀隆と兄妹になる。父親のDVによって壊れていく島津家。で、手作りケーキを食べさせたい一心で、家に秀隆の姉と父親を居残らせたら爆発事故によって二人とも死亡。秋はトラウマを再発して自殺未遂。秋の自殺を止めるために、秀隆は秋を憎むフリをし、暴力を振るい二人は憎しみ合う関係に。アクセラは爆発の混乱に乗じてパクっただけ。なんか薄っぺらいんだよなあ・・・。

 秀隆が敬愛していた唯一の肉親である姉なんて、結婚相手に捨てられるのが怖くて弟も娘も守れなかったクズだったじゃないですか。そんな姉を殺した(言いがかりですが)からといって秀隆から本当に恨まれるとでも思ってたんですかねえ、仮にも自分が愛した男ですよ?
 秀隆も秀隆で、気持ちはわかるがほんっとうに他に方法無かったんか?と言いたくなってしまう。大体自分でも言ってましたけど恨まれるほどの暴力振るった時点で、相当秋の寿命削ったんじゃないかと思うんですけどねえ。いやまあ野暮なのはわかってますが、もうちょっと深くて納得出来る「憎しみ合う関係」を作れなかったのかと思いました。
 キーキャラになりそうだった秀隆姉が、普通の凡人で薄っぺらい人間だったのが一番ネックだったのかな。秀隆の見る幻の姉が何故幼女の姿だったのかも意味不明でしたし。

 さらにその憎しみ合う関係が、他の個別ルートでは解決しないままなので、なんとなく後味を悪くしてるのも頂けない。恐らく正史となるであろうキズナルートでさえ解決してないですからね。




 正史と言いましたがレミニセンス、間違いなく続編を出すつもりですよねw その時はキズナルートの続きになるだろうなってことです。まあ罪深き終末論の時にハリボテヒロイン揃えてHシーン追加したって意味ねーんだよとか言いましたけど、今作でマリアさんとかかずちーとか恋とかまどかのルートがないのはちょっと寂しい気もしましたからねぇ。悔しいですけどキャラが魅力的であることは否定出来ないw 
 この辺のルートを加えた続編は間違い無く考えているはず。ひょっとしたら海斗主人公になっちゃうかもしれませんけどねw 何れにしても恋とあれだけイチャついておきながらHシーン無しですから続編のニオイを感じざるを得ない。


 キズナルート及びアクセラルートでは、違法アンドロイドの問題まで解決するので、秀隆が作った貸しは一応ひと通り返し終えます。アクセラルートは、殆どキズナルートと同じで、捉えられたアクセラに、和葉からの秘密兵器を使い、メモリ消滅・・・と思いきやメモリは他の取り替えられていましたーということでハッピーエンド。アクセラは可愛いけど短すぎる。

 トリのキズナルートでは、主人公の両親の死因とか、ホープタウンの現状やら色々なことが、唐沢代表が裏で糸を引いていたっていう事実は明らかになり、キズナと共に地上世界への扉を開いて終了。この後を見たかったんですけどねえ・・・正直肩透かしもいいところでした。





 ちょっと話が前後しちゃいますが、秀隆を主人公とした5人のルートを終えると、回想からもう一つのレミニセンスを見ることができます。これはコールドスリープから目覚めた海斗の視点で見る地下都市を巡る事件。
 3時間程度ですが、海斗の俺Tuee展開を待っていた人はここで満足しましょう。恋との掛け合いも楽しいし、出来は悪くないのですが、結局秀隆の活躍の裏で色々動いていた海斗が、恋の形見のネックレスを取り戻す、というだけのシンプルなお話。やっぱりもう少し見たかったですよねえ。まあ暁の護衛ファンへのサービスという意味ならやり過ぎなくらいですのでこれぐらいで良いのかもしれません。





 一応暁の護衛と絡めた上でのレミニセンスの世界観というのをまとめたいと思います。

 まずレミニセンスの世界は地上が災害?か何かで住めない状態になり、地下都市で暮らす世界です。で、プレイしていればわかるというか、それっぽいキャラがキャラ紹介に既にいるので、ファンには周知の事実だったでしょうが、この世界は暁の護衛のそのまま150年後の未来を描いたものです。
 そして、コールドスリープで未来に生きることになったホープタウンのキズナ、ドリームタウンの恭一は、暁の護衛の桜坂絆と朝霧海斗その人なわけです。本好きだったり、下層区域が落ち着いたり、明かりがないと寝られなかったりという海斗である根拠は山程ありましたが、そもそも顔がそのまんまですからねw

 この辺の事情は暁の護衛をプレイしていないとわからないことですが、レミニセンスそのものに関してはそれほど影響があるわけではないので、暁の護衛プレイ必須というわけでは決して無いと思います。


 で、まあそうなるとどういう経緯でレミニセンスに繋がったのか、というのが気になるわけですね。
 キズナは、海斗と朱美の子ですからどのルートでも存在しています。和葉が海斗の血を引いているということは妙ルートの話だったのか?しかし家系図には海斗の名前がないことから、正式に結婚したわけでもない。海斗が恋の笑顔を見てフラッシュバックを起こした時の脳裏に映った麗華の姿。

 この辺の事情から想像するに、基本は麗華ルートで、災害の影響か何かで暴動に巻き込まれ、麗華を失った海斗。自暴自棄となった海斗と妙は慰め合うような関係になって、倉屋敷家の子が誕生。海斗は病気が発覚したのでコールドスリープ。この辺は妙が手を回したと考えられます。なんとなく海斗が妙との子供を放ってコールドスリープを選ぶとは思えないので、コールドスリープしてから子供が生まれたような気もしますね。その後、キズナと妙が何かの縁で出会って、海斗の娘と知りコールドスリープ。で、地上が滅んだ?原因の災害やら地下都市への移住やらの混乱の中で、海斗と絆の冷凍保存カプセルは地中に埋まってしまって、150年の時を過ごす。といった感じなのかなあ。
 恋は二階堂家の血を引いてる感じですかねえ。彩の子孫とか?子供を放ってコールドスリープはしないと思うので、麗華の血は引いてないとは思います。

 こんな感じだと、麗華もそうですが、妙が凄く悲しい人生を送ったようで、切ないですが私好みですw 何れにしても和葉が気を遣う程の悲しい記憶がユウキのメモリーに込められていたわけですからハッピーエンドでは無かったんでしょうね。これが暁の護衛の正史というわけではなく、クロノトリガーに対するクロノクロス、シティーハンターに対するエンジェル・ハートみたいな感じで、こういう未来もあったんですよ、程度に捉えるのが精神安定上良さそうです。


 暁の護衛ファンとは言いませんが、プレイした身としては、正直その辺の詳しい事情が知りたかったのはありますが、レミニセンスは暁の護衛の続編とは謳われず、あくまで島津秀隆が主人公のゲームです。新規ファンのことを考えればそこに深く突っ込むべきではないと思いますので、個人的にはそこは不満点ではありません。


 問題はレミニセンスの世界観として構築した二つの地下都市とその利権争い、そして地上の真実と地下都市の未来。それらを作中で描ききれなかったことなんですよ。高坂やドリームタウンに移籍した竹内特務官との決着や、クイーン、マリアのいざこざ。解決していない問題が山程あります。

 全て漏れ無く描くべきだとは言いませんが、続編ありきでそれらが未解決のままになっている感じなんですよねえ・・・。


 まあ色々文句言いましたが、暁の護衛と比べると、シナリオは骨太でしっかりしているし、各エピソードの出来も上々で、個人的にはレミニセンスの方が好みです。だからこそ余計に惜しいなあと。

 
 


 そろそろ総評。
 
 衣笠節のテキストは顕在で、トモセ氏デザインの魅力あるキャラクターと併せて、日常シーンの面白さは随一。また特殊な世界観の中、物語中盤までの特務官という仕事をこなして行くシナリオは各エピソード毎によく纏まっていて素直に面白いと言える内容。

 反面後半の適当な伏線回収とそれほど共感出来ない主人公の過去に関しては、評価がわかれると思われる。特に前者に関しては、前作・暁の護衛・罪深き終末論でも同様の問題を孕んでいたことからもはやお家芸と言ってよいのかもしれない。
 
 竜頭蛇尾であることを除けば、全体的なプレイ時間に対する面白さはかなりのものであるためオチに期待し過ぎなければ十分オススメ出来る作品。

拍手

PR
≪  279  278  277  275  274  273  272  271  270  269  268  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Calender
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 24 25
26 27 28 29 30 31
Latest Comment
[03/13 NONAME]
[03/13 NONAME]
[02/11 NONAME]
[01/11 DebbiWect]
[11/25 にんじん]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]