忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007

 Navelより月に寄りそう乙女の作法の続編、乙女理論とその周辺です。個人的には月に寄りそう~で特に不満や補完して欲しい点はなかったのですが、やっぱり面白いゲームの続編というだけでも期待しちゃいますよね。

 今作はファンディスクというよりは、続編としての面が大きく、舞台もキャラも一新しているので新鮮な気持ちで楽しめます。その反面前作の桜屋敷のキャラクター達が気に入った人にとっては、本編は微妙になってしまうかもしれませんが、そこは同梱のアペンドのアフターシナリオで満足するしかないですね。



 プレイ時間としては、本編20時間+アペンドアフター6時間ぐらいかな?分量としては結構ありましたので、単なるファンディスクではなく十分フルプライスの価値がある作品です。



 まず、私的に一番驚いたのがキャラデザ。今回メインのりそな以外の二人のヒロインは、西又御大デザインなのですが、なんか今までで一番良く出来ているというか垢抜けた感じがしましたね。立ち絵もさることながらイベントCGの出来も良く、今までの西又氏のタッチとは大分違って見えます。

 あとは演出も色々と凝っていましたね。ラストシーンはもちろん、とあるキャラの豹変ぶりとか・・・w 逆転裁判かと思いましたよ。


 細かいことですが、システム面ではサスペンド機能がいい感じでした。唐突に眠気が襲ってきた時に、セーブ→終了って意外と億劫ですし、ボタン一発で終了、起動でバックログありで復活出来るのは中々気が利いてます。



 他、システムやBGM、効果音等は前作から踏襲しているので問題はありません。気になったのは、いつにも増して誤字脱字が多いのと、音声抜けがかなりあったのが気になりましたね。パッチである程度修正されますが、それでも完全じゃないのは・・・。ここは残念。まあ製作時間も短かったし突貫工事なところもあったんでしょうね。



総評:7点


では以下、ネタバレ感想となりますのでご注意をば。









りそな


 そもそも物語の始まりが、桜屋敷を追い出された遊星が、りそなと自分の夢のためにパリ本校へ通うことになったことにありますので必然的にメインヒロインに。服飾業界ならではのイベントもありながら概ね思っていたとおりの大蔵家周りの問題を中心とした物語。

 依遠が遊星と兄弟でなかったのは予想してませんでしたね。むしろりそなの方が出生の秘密がありそうだったのに。母親にそっくりな遊星と遊星に似た顔立ちのりそなでしたから、実はりそなは異母兄妹でなく実の兄弟だった、という展開のがありえそうかなーと思っていました。まあそうなるとりそなの母がりそなを溺愛する理由がないんですけどね。



 途中までは、日本校と同じ様にフィリアコレクションを目指すお話で、ぶっちゃけ舞台が変わっただけかよとも思っていたんですが、流石にそこは変えてきて、にんともいかなくなった窮地をルナ様達留学生によって救われ、リリアみたいな分かりやすい悪役も用意され、りそなと遊星の才能をパリと、大蔵家に示す、という王道を真っ直ぐにいったストーリー。ルナ様御一行が来たところでサクラ大戦3を思い出したのは私だけではないはずw 湊と瑞穂がフランス語が喋れないためにユーシェの出番が多かったのは嬉しい誤算でした。標準語のユーシェはなんか普通に可愛いっていうね。


 コレクションの様子をテレビ中継で流すのは予想どおりでしたが、中々良い演出でしたね。あとはまありそな母があっさりと遊星を認めるという物凄い手のひら返しは気になりましたが、ご愛嬌といったところか。依遠の遊星母への思い入れというのは本シナリオでも、そこまで踏み込んでいなかったですね。結局語られないままなのかしら。まあもう白状しちゃってるようなものですけどねw

 しかしつり乙の続編に期待する展開、という意味では満点に近い内容だったと思います。やっぱね、物語としては多少ドロドロしたものも必要なんですよ。人間、挫折とか苦悩を味わって初めて成長出来るってもので、りそなの成長がしっかりと描かれていた点は良かったと思います。ちょっとチート過ぎる気もしましたけどw





エッテ


 りそなとの会話を聞かれたことで男バレ。独特の恋愛観を持っており、メリルと同じく清廉でありながらも男という特殊な遊星に対し、殆ど一目惚れに近い形でなし崩し的に恋人関係に。
 ぶっちゃけ前作の湊並に作品の主旨から外れちゃってるシナリオでしたね。エッテからはともかく遊星がエッテを恋愛対象として見る理由があまりに乏しいし、過程もおざなりすぎる。当主として都合の良い相手ってだけに過ぎないような気がする。そもそもりそなのためとはいえ、依遠や駿我を悪し様に語る遊星はアイデンティティが崩壊しちゃってるし、じじいをパリに呼ぶ方法も他に無かったんかと突っ込みたくなる。

うーん正直このシナリオは微妙だったかな。他二人と比べても明らかに短いし。






メリル

 エッテの親友兼従者で、ルナ様にも劣らぬ才能の持ち主。そして実は大蔵家でした。山弌叔父関連だろうなとは思っていたのですが、まさかあしながおじさんが依遠だったとは思いませんでしたね。てっきり山弌叔父縁の人間が、メリルを庇護していたものだと思っていました。

 シナリオ的にはエッテよりはマシですが、ちょっとシナリオ的に盛り上がりに欠けるんですよねえ。お家騒動に翻弄されただけで、メリルや遊星の成長や意識改革が特に無いのが問題なのかもしれません。リリア関連の問題もあるので難しいでしょうが、メリルの衣装が焼かれてしまうイベントは、りそなルートよりもメリルルートに入れるべきだったんじゃなかろうか。



 しかしなー、せっかく今回西又御大デザインが凄く良くなっていたというのに、相変わらずシナリオは鈴平キャラ>西又キャラになってしまってるのが可哀想ですね。エッテはとりあえず置いておいて、メリルシナリオをりそなとせめて同格ぐらいに仕上げて欲しかったところです。



今作のMVPは間違いなく依遠でしょうねw 全く結局ブラコン&シスコンなんだから。まさかリリア如き小物の相手をしにわざわざパリ本校で徹夜するとか、どんだけ遊星ラブなのか。それとも暇なの?






 こんな感じで本編は終了。これにプラスして月に寄りそう乙女の作法をインストールしてあると、アペンドディスクによってアフターシナリオが楽しめます。これはつり乙における各ヒロインのエピローグ後の話となります。開始時に乙女理論のネタバレがありますよ~という注意がありましたが・・・んーなんかあったかな?強いていうなら依遠の動向ぐらいかしら。まありそなルートの肝と言えば肝なのですが、それほど気になる点でもなかったですね。むしろ全体的に依遠がヘタレちゃってるのがなんか可哀想というか微笑ましいというか複雑な心境ですw


 あまり語ることもないぐらい多愛のないお話が殆どですが、つり乙本編をプレイした人は癒やされること請け合いのシナリオですのでやっといて損は無し。ユーシェは相変わらず可愛いのう。ルナ様主従ルートのルナを負かした?時のりそなと依遠のはっちゃけっぷりが面白いw





 さて、総評ですが、えーと一年に満たないのかな?短い期間で製作した割には、十分なテキスト量としっかりとしたシナリオで、アフターシナリオも含めればクオリティは非常に高い。惜しむらくは、前作同様攻略ヒロイン間でのシナリオの差が大きいこと。メリルはまだしもエッテは本当に酷い。ヒロインの数も3人で少ない訳ですから同レベルのものを用意して欲しかったですね。

拍手

PR
≪  289  288  287  286  285  284  283  282  281  280  279  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Calender
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Latest Comment
[04/04 無題]
[03/13 NONAME]
[03/13 NONAME]
[02/11 NONAME]
[01/11 DebbiWect]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]