忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
SF小説の金字塔であり、映画・ブレードランナーの原作として有名なアンドロイドは電気羊の夢をみるか?です。あまりにもインパクトのあるタイトルなので、読んだことはなくてもタイトルだけは知っている人は多いのではないでしょうか。パロディも多いですしね。


 簡単なあらすじとしては、最終戦争後、放射能が溢れ死の星となってしまった地球。人類は火星への移住を計画し、火星では奴隷として人間と見分けがつかないほど精巧なアンドロインドが使役されている。主人公は、地球で暮らすアンドロイドは殺しの賞金稼ぎのリック。火星から逃げてきた6人のアンドロイドを殺す依頼を受けることになる。

 世界観としてはSFでディストピアものの王道といったところですが、その内容はあらすじから感じるサイバーパンクでハードボイルドなものではなく、人間とは何かという非常にシンプルかつ哲学的なテーマを持った作品となっています。





 本作ならではのSF要素として、生物が殆ど死滅してしまった地球では、生き物を飼っているということが社会的なステータスとされていることがあります。また、共感ボックス、マーサー教などという独特な設定もありますが、これら全ては前述のテーマに通じたものであり、人間が人間であることを自覚するための方法であったり崇拝するものだったりするわけですね。


 作中での一般論、あるいは著者の考えといっても良いのですが、人間とアンドロイドを分けるものは共感能力の有無にあるのだ、という考えに基づいた設定です。
 それは人間と見分けが付かないアンドロイドに対する恐怖から生み出されたものなんだろうな、と思います。基本的にアンドロイドは人間の従属下に置かれるものであり、人権はもちろん無いし、人間に成りすますことも禁止されています。外見上確かめる手段がない以上、人間は人間であることを他者にアピールせざるを得ない。それが生物を大事にすることだったり、他人に共感するための共感ボックスやマーサー教だったりするわけですね。


 そんな世界の中でリックは、様々な人物と出会い、今までの概念を覆されます。人間らしいアンドロイド、アンドロイドらしい人間。人間のフリをしているだけでなく、偽の記憶を植え付けられ、本当に人間だと思い込んでいるアンドロイドもいるわけで、リックはやがて自分自身さえも疑うようになります。


 タイトルは、周りの人間に電気羊を飼っていることがバレないだろうか、と苦悩しているリックが夢でまで電気羊が出てきたことを指しており、転じてアンドロイドは共感能力を持つのかという意味合いになりますね。


 翻訳者のあとがきにありましたが、ディックは人間らしさとは親切さなのだと述べているそうです。親切さというのも中々曖昧な言葉ですが、要は他人の気持ちになれるか否かってことでしょうね。これは現代でもしばしば提起される問題で、いつの時代でも赤ん坊を殺してもなんとも思わないサイコパスのような人間はいたわけです。SF作品でありながらそうした社会風刺的なテーマも込められていた作品でした。

 現代の人類はまだ、本作のような強迫観念に囚われたように人間足らんとする社会には至っていませんが、少なからずその傾向はあります。社会通念に沿わない人間を弾劾し、排除する風潮は世界中いくらでもあります。そんな中で一つ、自分はアンドロイドのような考え方をしていないか?と自問してみるのもいいかもしれません。



拍手

PR
≪  296  295  294  293  292  291  290  289  288  287  286  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Calender
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Latest Comment
[09/28 R]
[06/04 ネクサス]
[05/21 スウェル]
[04/04 無題]
[03/13 NONAME]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]