忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

諸事情により更新が滞ってしまいましたが、
第5・6話、美佐枝さん編感想です。

美佐枝さんの猫を売飛ばそうとして、
フルボッコにされた春原ですが・・・
野良猫が金になるわけないだろう・・・w

まあ智代が来たりとなんやかんやありましたが、
朋也と渚は美佐枝さんの部屋で、昔話を聞くことに。
美佐枝さんと渚で話が盛り上がっている内に、朋也は眠ってしまいます。

それは朋也が見た夢の話。
高校時代の美佐枝さんの夢。

主人公となったのは志麻賀津紀という少年。
志麻は過去に恩がある美佐枝さんに恩返しをしようと、
美佐枝さんの高校にやってきました。
志麻少年は、どんな願い事も一つだけ叶えられるという、
不思議なお守りを持っていました。

美佐枝さんはよく覚えてもいないし、
あまり相手にしようともしませんでしたが、
日々を重ねるうちに、志麻という少年の人間性に触れ、
友達のサキとユキと共に憎からず思うようになっていきます。

ある日、志麻は美佐枝さんが好きな男子である五十嵐から、
自分には彼女がいることを美佐枝さんに伝えてくれ、と
頼まれます。

伝言を頼まれた志麻は困惑します。
好きな人に辛い現実を伝えなくてはならないこと。
例え話で美佐枝さんに伝えますが、
美佐枝さんのことを想い、泣き出してしまう志麻。

その様子を見て狼狽気味だった美佐枝さんは、
偶然、彼女と二人で歩く五十嵐を見て、
今の例え話が自分のことであることに気づき、走り出します。

次の日美佐枝さんは学校を休んでしまいました。
落ち込む志麻を見てサキとユキは、アドバイスを与えます。
美佐枝さんはあの性格ですから、
五十嵐のことはそこまで引き摺ってはいない様子。

志麻は、過去に自分が世話になって美佐枝さんではなく、
今の自分自身が美佐枝さんを好きになったことに気付き、
それを美佐枝さんに伝えます。
美佐枝さんも志麻の純粋さに惹かれていました。

美佐枝さんが生徒会の仕事で忙しい時、
その仕事振りを見てみたいという志麻。
サキとユキはそれを受けて志麻を女装させて高校に侵入させますw
とりあえず3人の中で一番可愛いw志麻少年でしたw
一瞬芳野さんと公子さんも出てきました。

美佐枝さんの仕事っぷりを見て惚れ直した志麻は、
思わず大胆告白をしてしまいます。

抜け出してきたサキとユキと今度は志麻の家に遊びに行こうといいます。
しかし、そこで出迎えた志麻の母親は、志麻を見ても訝しむだけで、
志麻の友達であることと伝えると、
どうかお線香を上げてやって下さい、そういいました。

志麻賀津紀は既に亡くなっている人間。
そしてそれは今ここにいる志麻の一番大切だった人でした。
いつの間にか中身がなくなっていたお守り。
その願いは、奇跡はもう起きていた。

美佐枝さんと約束していた秋祭りの日。
二人で出店を回り本当に楽しんだ様子でした。
そしては美佐枝さんは、願いを告げます。
いつまでも自分のことを好きでい続けて欲しい、と。

志麻はその約束を守ることを決意し、その場から姿を消します。

長い夢から覚めた朋也。
目の前にいたのは美佐枝さんの猫。


渚と回る秋祭りの中、美佐枝さんの猫と出会います。
それを追いかけてきた美佐枝さん。

朋也は美佐枝さんに伝えなければならないことを伝えます。
きっとその猫は美佐枝さんと一緒に祭りに行きたかった。
そして、誰よりも美佐枝さんの幸せを願っている、と。

ということで美佐枝さんシナリオ終了~。
ほぼ原作通りの流れでしたが、完成度は高かったのではないかと。

来週からはゆきねぇシナリオみたいですね。
これが学園編ラストになるのかな・・・?
 

拍手


さて・・・どうしても残り話数を気にしてしまう原作厨の戯言ですw

来週の流れですとゆきねぇシナリオも2話完結っぽいので、
第8話完結で、1期と同じ話数で考えると残り14話。
朋也が卒業してからが、実質「アフター」といっていい内容ですし、
早くともそこまでに10話までは使いそうです。
そうすると残り12話。

CLANNADアフターストーリーと銘打っている今シリーズの
半分(もしくはそれ以上)が学園編とは・・・。

あの果てしなく長いAIRでさえ12話でなんとかまとめきった
京アニにしてはバランス配分が悪い気がしてなりませんね~・・・。
Kanonの時もそうでしたが、話数に余裕があるのは、
京アニにとって良くないことのような気がしてきましたw

始まった当初はアフターに1期と同程度の話数を割くということで、
流石京アニだ、と思っていたのですが、このまったりペースで、
本当にアフターを描ききることが出来るんでしょうか・・・。

芳野さん、アッキー、早苗さんの光の玉で確実に1話ずつは消費しますし、
朋也の仕事始め、同棲、渚の卒業、渚のバイト、直幸との確執、
結婚、妊娠、出産、そして汐・・・。
汐誕生後、3話は絶対に必要かと思います・・・。

・・・?
あれ、私の脳内ではもう話数が足りないんですが・・・。
全26話構成でギリギリ足りるぐらいで・・・。

うう~なんか不安になってきました。
今回の美佐枝さんシナリオも、出来自体は素晴らしいために、
アフターが疎かになってしまうのではすごく残念なのですが果たして・・・。
PR
≪  112  111  110  109  108  107  106  105  104  103  102  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  112  111  110  109  108  107  106  105  104  103  102  ≫
HOME
Calender
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Latest Comment
[01/11 Bestertib]
[01/08 ルイ・ヴィトンコピー]
[01/04 bague bulgari homme replique]
[12/29 ルイヴィトン 財布韓国スーパーコピー]
[09/28 R]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]