忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
チラシの裏に書くようなことを徒然と。 Since 19,Feb,2007

遅れましたが、ゆきねぇ完結編感想です。

街の不良?グループの抗争に巻き込まれてしまった、
朋也達。それを唯一止めることが出来るという、
ゆきねぇの兄、和人は依然姿を見せません。

資料室にはまた怪我をした須藤が潜り込んできます。
抗争は激化し、和人が復帰したという噂を聞きつけ、
相手のグループは、もう破れかぶれで
喧嘩を仕掛けてきているようです。

このままでは共倒れになってしまうと思ったゆきねは、
相手グループの所に説得しにいきます。
心配になった朋也もついていきました。

相手のグループのリーダー佐々木は、
このまま共倒れになるよりは、大将同士で決闘し、
勝った方の下に負けたほうが付くという提案をし、
ゆきねぇはその場を抑えるために約束をしてしまいます。

決闘には4,5人を瞬時に倒した(ことになっている)
春原が出ることになってしまいましたw

決闘の当日、緊張でガチガチの春原です。
渚がレインボーパン&謎ジャムを皆に振る舞います。
・・・で、和人のグループは全員気絶。

ということで智代アフターの如く、朋也が佐々木と決闘を行うことに。

フルボッコにされる朋也でしたが、
持ち前のタフさで決闘は長期化。
日が落ちてきた頃、ようやく春原他が目覚め始めます。

あわや全面戦争へ・・・といったところで和人が登場します。
ですがその和人は佐々木の軽いジャブで倒れ伏してしまいます。
和人と名乗ったのは変装したゆきねぇでした。
それは身を挺してでも、喧嘩を止めようとした行動でした。

シーンは変わって、宮沢家の墓前。
和人は交通事故で既に亡くなっていて、
グループ同士の抗争激化を留めるために、
仲間と生きていることにしていた、ということのようです。
佐々木のグループも一緒に合掌。

朋也はその中で光の玉を見かけます。
ゆきねぇによるとそれはこの街に伝わる伝承。
嬉しい事や幸せな事があったときに見られるという光の玉。
それを手に入れた人は、どんな願い事も一つだけ叶えられるといいます。

といったところでゆきねぇ編完結。

・・・あーなんというか。
内容事態は上手く智代アフターの展開も混ぜた、
悪くないシナリオだったとは思うのですが、
いかんせん朋也が戦うことになる理由が、レインボーパン・・・って。

そもそも渚は早苗さんのパンがアレなのは知ってますよね。
それを嬉々としてみんなに振舞うというのは・・・。
しかもそれでみんな気絶・・・。ギャグとしては別にいいですけど、
それがシナリオの展開に関わっちゃうのは流石に・・・。

あと冒頭の膝枕もちょっと無理がありますし、
無理矢理に原作シーンを再現する必要は無かったと思います。

う~んもうちょっとシナリオを練って欲しかったなぁ・・・
というのが正直な感想です。

次回は、ようやく朋也と渚の物語が始まりそうです。
ここからが本当のCLANNAD。
どんな出来になるのか・・・期待半分、不安半分といったところです。
 

拍手

PR
≪  114  113  112  111  110  109  108  107  106  105  104  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  114  113  112  111  110  109  108  107  106  105  104  ≫
HOME
Calender
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Latest Comment
[09/28 R]
[06/04 ネクサス]
[05/21 スウェル]
[04/04 無題]
[03/13 NONAME]
Blog Seach
Game
Comic
忍者AdMax
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]